京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



他人に頼らず、独り努力してやまぬ人に、自ら幸福がそっと寄り添い・・・来る

今日は・・・待ちに待ったパソコン レッスン日です。
いつも この時間は・・・楽しみ・癒しタイムですの。
パソコバ先生は 何でも 親身になって聞いて下さる。まるで我が事のように受け留めて。

今日は その上に・・・待望の メダルを掛けて頂く‼‼。・・・予定です。

ピンポン。 先生が来て下さいました。 
待ってましたぁ~~~。 ご挨拶も無しに 階上から叫んでいます。

≪先生!完走されましたかぁ~~~? メダル ゲットされましたかぁ~?≫
『はい 完走しました。4時間00分で 完走しましたよ。』
≪スゴイですネ。テレビ中継が解らなく とても残念でした。
   ピンク ユニフォームの先生の雄姿 拝見したかったです。≫

『これが 完走記念メダルです。 さぁ~掛けましょう! 素敵でしょう。』 記念撮影!。
神戸らしい お洒落メダルです

とっても素敵なプレゼントです。

昨年の「京都マラソン」でも 見事 完走 メダルを掛けて下さいました。
これからも いつまでも トライの心を大切に 育てて下さいネ。 応援しています。

直向きに 頑張る。 真面目に向かい合い 寄り添う。 真摯な態度で立ち向かう 未来。

全て 羨ましい 御姿です。

今日は 大好き友人の 訪問レッスンについても伺いました。
先生を介して 心の安らぎの・・・ふふふ お裾分けなんて 素敵だわぁ~。
興奮したのは・・・自分だけ! 
旦那様から 《そこまで 出っ張るな!!》 大目玉でした。 



COMMENT: (2)


物事は かたくなって窮屈にするのではなく、自然のままで調和しているのが佳い。

朝から・・・今回の出稽古で 尾を引く悔しい言葉・・・暴言!。
それが一件のメールで ホッ。 

『ありがとうございました。お身体不自由で、口だけでの指導と聞き、不安が失礼な言葉になりました。 
 今後とも宜しくお願いします。 お正月明け 大的大会(おおまとたいかい)、
 晴れ着姿の新成人 自分の娘たちと思い 心を込めてお手伝いします。』

・・・私も 逆の立場だったら 同じ事思い、同じような態度をとった。マチガイなく!!。

朝から出会う人 出会う人に 我が身の悲しさと悔しさ・・・と安堵の話しを・・・話す 話す。
心の置き方で 大きな人にも、ちっぽけな人にもなりますネ!。

午後から 美術館 「えき」KYOTO に。
琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎 の仕事 チケットを頂き、楽しみにしていた展覧会です。
今日が 最終日なので、誰が何と言っても・・・ 一人でも行く!! 
暗い気分が~~~パァ~~~ッと明るい ルンルン気分になってのお出かけなので楽しみ倍増です。

実はこの展覧会チケットを頂いた時、
≪このアニメ風絵が・・・琳派??≫ と思いながらの観覧でした。 
私のお目当ては 神坂雪佳画伯作品。
これが 今の時代の・・・琳派 風神雷神なんだ。納得しました。

ゲームキャラクター スーパーマリオ 生誕30周年の今期。
大勢の子ども・若者が 模倣・工夫されt継承された 琳派を楽しんでいました。
直接的な師弟関係がない間柄で 継承。
そこには先人に対する 尊敬があり、模倣からのスキルアップ‼。
脈々と受け続けられて 今年で400年。 日本の文化です。

神坂雪佳伯 川島織物でデザインをされていたと記してありました。
「百花」 紋図と 仮織り上がりが並んでいましたが、ワクワクさせられる展示でした。

神坂雪佳画伯 と 山本太郎画伯の作品のコラボが 可笑しくて、楽しくて・・・

心の中に住む 魔物は 勇気と愛情を贈ってくれました。
粋な計らい おもてなしでした。


COMMENT: (0)


素敵な合い(愛)言葉です。
体内時計がリセット。シッカリ食べて頭にも栄養を。 記憶力や暗記力をUP。
心のゆとりができ 精神を安定させる。

早起きは 心身共に健康増進剤ですね。 競合する皆さまへ。 ふふふフフフ

27日 午後から 車で大移動です。
途中 事故停滞で 約4時間の移動でした。
紀伊田辺ICから ホテル000へ。
会場では クリスマス デコレーションで歓待。
ありがたいです。

依頼事項は二日間に分け・・・二日間で仕上げです。
・・・・私たちは出来ますの!!! 勝手に自信を持っている面々。・・・向上心無し。ダメです。
頭を抱え込み ふっと思い、実行しました。
先ずは 連帯感作り・・・梅酒の飲み会・・・からスタートです。ICON43ICON153
必死の思いが・・・天(妹)の声 <おねえやん 三杯目は・・・イカンよ。> 11時就寝。お稽古 無し。

今朝は6時起床で 気合いを入れて 活動開始!!。
しっかり朝食頂いてから・・・お稽古開始です。
こわい位 淡々と話します。

こうゆう活動 結構好きなんです。 
≪さぁ~ご一緒に、お互いの作品 ミニ品評会からスタートしましょう。≫
受講者の目の奥に きらりと光る闘志。 待ちに待った ”ヤル気ムクムク!!”
他人の・仲間の技を 自分なりに 盗むicon14試すicon14
お昼前 仕上がりです。 完璧!!
一番嬉しいのは 仲間内での向上心です。 
三人組の着付け師さん。
当日も助け合いながら、切磋琢磨して お祝いの現場で慶事の手助けされるでしょう。

早めに練習が終わったので・・・旦那様と 南紀 観光です。
  

早起きが 一番の教訓になったのは・・・私ですネ。 ほっ。




COMMENT: (0)


2015年11月27日

達人 大観す

事を見極めた人は、物事の全体を見極める ので、判断を誤ることがない

雨模様はチョッピリ寂しいですネ。
思う事・案じる事が 心を埋め尽くし飛び込めれない。

明日の準備で気持ちばかり・・・先行して 実際がついていけない!!。
加齢だけではない 事実・現実と直面 いやいやそんな事では・・・らしくない!!

予定を調整し、身体(心身)ほぐしにセラピスト療法。

<珍しいでしょう! よかったらどうぞ。フェイジョアです。> 
≪何処の国のフルーツですか? どんなお味ですか? 
 本当に食べれる果物ですか?果物屋さんで売られていますか???・???≫
<とどまる事のない質問ですネ。 宜しかったら・・・どうぞ。 です。>
お気持ちです。 頂戴しました。

ほんのり 優しい芳香が漂います。
帰宅して・・・調べました。
現実に 商品として有りました。

幻のフルーツ フェイジョア
南米ウルグアイ原産 フトモモ科の熱帯果樹。 ニュージーランドが最大の生産地。
一般家庭でも多く消費され、 ヨーグルトやアイス クリームなどに加工される。
乾燥させた果肉を使ったフェイジョアティーが広く飲用 ...

食べごろが外見ではよく解らないそうです。
<日本で商品化されていない 最大の理由だと思います。> ということでした。
≪いつ頃? どうなったら 食べれます?≫
<キーウィに似た感じで、手触りで食べごろを・・・見極めて下さい。>

手触り これこそ プロの感覚 踏み込めない領域ですネ!!。
楽しみです。 
あれっ 何時食べましょう???


COMMENT: (0)


物事全ての事は 心を込めて・・・まずはやってみれば 思わぬよい結果と出会えます

心機一転 今日も笑いながら 頑張るゾォ~~~。

救い①は 弟子からの早朝 電話です。
<先生 昨日皆さんとご一緒に 先生が 惚れ惚れされる方にお会いしてまいりました。
 帝釈天騎象像 北の出入り口が開くたびに 差し込む光の中の帝釈天 御光射して見とれました。>
武神と言われる 帝釈天。 神々しい神のお顔の武神です。
そう 弟子の方が強そうでしょう!!

②友人からです。 「あの木は ハゼの木です。ハゼの 実で和蝋燭を作ります。」
調べてみました。 
ハゼの木は雌雄異株で、雌株には実がなり、ロウを作る灰白色の 実 で 和蝋燭は作られるそうです。
里は神道なので 安全性からも 神棚は 和蝋燭で お灯明を挙げています。.

③先輩から素敵笑顔のphotoが届けられました。
幸せ笑顔です。高僧の大きな心に抱かれています。

④娘から メールです。フフフ フフフ
『年末帰ったら 蟹と・・・ 台北では大行列で行けない 蔵 連れて行ってね。お願いしまぁ~~~す。』
まぁ~ ナント元気な愛娘 

皆さまのお陰で またもやphoenixで羽ばたけそうです。

不安を解消するただひとつの方法は・・・案ずるより 産むが易し
不安を感じてどうしようもない時に意識しておきたい、たったひとつのことです。



COMMENT: (0)


2015年11月25日

天高く馬肥ゆ

秋空が高く 澄み渡って、人の心も・・・鷹揚に かけがえなく優しく、円く太って来る よい季節

里から京都に帰って来る。 名神京都南ICを降りて、東寺の立派な五重塔を見ると・・・
無事 帰って来たぁ~。 京都の入り口は 東寺さんの塔です

2015 秋期特別公開 真言宗総本山 教王護国寺 東寺 を訪ねました。
友人の娘さんからのプレゼントです。

東寺境内の 金堂、講堂 宝物館 小子房 拝観できるそうで 楽しみに歩きまわりました。
広いんです。あまりの広大さに 驚きました。

先ずは宝物館へ。入り口で・・・アッ  綺麗!!
≪あの花は 椿ですか?山茶花ですか? 昨日友人から見分け方ご教授頂いたんですが・・・≫
<よく山茶花と言われますが、椿です。大きくて立派でしょう。 銘は解りません。>
≪この大きくて、立派なお花が そのままバサァーと落ちるんですか?・・・≫
沢山の種類の椿を愛でた事がありますが、今日の椿はとても デッカイ??美しい椿です。

私 今日の最大の目的は~~~ 国宝 帝釈天 拝顔です。

順から行くと 次は小子房です。 その前に御影堂に入り お参りです。
気が急くので小子房は・・・ 拝観を終えた方にお聞きすると 小子房とてもよかったですヨ!。
では チョットだけ。  ボランティアガイドさんから、勅使門、国宝 蓮花門等の説明を頂くと、
吸い込まれるように・・・堂内へ。
堂本印象画伯の力作の数々。 中でも目を引いたのが 鷲の間の鋭い 鷲の襖絵です。

観智院の 宮本武蔵の掛け軸 鷲の絵を見た 堂本画伯が ここにも鷲の絵をと描かれたそうです。

早く 行かなくては・・・前に珍しい 宿り木です。
銀杏の木に くハゼが宿って 見事な紅葉です。
≪この銀杏の樹齢は?≫ <雌の銀杏だから聞けません。 200年から400年位です。>
≪なんと 粋なお話。ありがとうございました。≫

いよいよ講堂です。
待っていて下さいました 帝釈天 惚れ惚れします。
象の背に 芯のある優しい 御姿。言葉なしです。
ず~~~と 前から・横から・後ろから 愛でました。
小柄な方のようです。美しい方でした。

彼のお陰で 落ち込んだ心も ちょっぴり癒えました。



COMMENT: (0)


2015年11月24日

張子の虎

弱いくせに見栄を張り 自分を強く見せようとする。見かけばかりで、いざという時 意気地の無い

友人と待ち合わせ 段取り約束・・・して準備 完璧!
旦那様が 《明日は勤労感謝の日で休みだから 送って行きます。》
ムム ≪電車に乗るのも お稽古だから。それに 待ち合わせして、一緒に・・・≫ と思ったのですが・・・
心配性の旦那様が、集合場所まで連れて行って下さって・・・ありがたいです。

今日は 小塩山 十輪寺に 塩竈清祭を訪ねました。
お待ち合わせは ランチ場所。「だいこん畑 良庵」
鰻が美味しい店ですが、私たちはランチ・・・」で鰻重でしたの。
柿の天麩羅・・・ビックリ! エノキだけの天麩羅・・・素敵!! トロトロわらび餅・・・頬がおちて!!!
色んな事が聞けて、とっても 美味しく、気さくで 親切で・・・今日の出だしはグーです。

バスで移動です。不慣れですが、ご一緒の皆さんのお心遣いで 大丈夫でした。
お寺に到着。小高い山登りです。
寺内 中腹に樹齢800年の楠木が


大きな声で 『大丈夫よぉ~。ゆっくり上がってねぇ~。』『もうすぐ塩竈に火が入りますよぉ~。』
あの大きなエールは、ご参集の皆さまに、友人がもうすぐ到着します。ご協力下さい!のエールです。

お陰さまで、お導師様のご入場から 全てシッカリ参加できました。
塩竈に鍋が載せてあり、竈に火が入り、 モクモクモク 愛しい御方に届けと立ちのぼりました。
うっすらと高貴の色 薄紫の煙です。 風流な世界です。
お導師様が奏でられる 活き活きした三弦の音が、
沸き上がる愛しい方への慕情の音でした。

最後に85歳のお導師様に 記念写真お願いしました
ブログ掲載 オッケイ。 とってもdandy僧侶でした。

在原業平 隠棲の地、恋愛 結婚成就の神 塩竈、お導師様に話しました。
≪娘の事 お願いしたく 願掛け 祈っておりました。≫ フムフム・・・
帰りのバスは 大混雑!! でもシッカリ両足踏ん張って・・・大丈夫!!!

お導師様との話を 熱っぽく・・・ひたすら 喋る・シャベル。

思いもかけぬ 連絡が・・・   テーブルの上で バタンキュ~~~。 動けない!!
ハニーが 《大層な人やねえ。泣く事ないやろォ~~~!仕方ないやろ!!》
≪薄情な人やね! ああ~~~私の結婚 最初から間違いだわ!! 
  寄らないで! 話しかけないで!! 見んといて!!!≫

今日のオチ 見かけばかりで、いざという時 意気地の無い・・・私。


COMMENT: (0)


2015年11月23日

苦は楽の種

苦労をしていると その結果として楽しい事がある。何事も一生懸命 努めましょう。

今日は楽しみにしていた予定を・・・先送りです。

朝から 『花を愛でる』 機関紙 作成作業です。
自称 広報委員ICON45 勝手に作り、仲間の皆さんにお送りしています。

毎月 28日発刊ですが、師走の催事が~~~12月01日になるため icon09今日頑張りました。
   
明日は 皆さんと 十輪寺の 塩竃清祭 に行きます。
その時に ご参加の方にお渡しし様と思い ガッツICON65で向かいました。

師走・・・フフフ  とっても素敵イベントです。
大阪城・大坂リバークルーズとH.ニューオータニで フフフ テーブルマナー講座を受講

昼食を頂き、お待ちかね・・・いよいよ 大阪リバークルーズです。
きっと手にされた方は喜んで下さる。 確信があります。・・・と独り言です。
《その作業 単なる独りよがりです。 エエ加減に辞めとけ!!》
旦那様のお言葉です。

<おねえやん 洗濯物 干そうとしてたら ビックラポンの蛙に 棹を占領されて・・・
  手の平くらいのデッカイ 雨蛙よ!! 可笑しいやら こわァ~~~イやら。>ICON50ICON43 
メールが送られてきました。 
<しっ シッシ 言っても まるで知らん(@_@;)・・・もしかして この雨蛙 TV出演が在れば
  
人気者 まちがいナシよ。もし 出演機会があったら お願いしまぁ~~す。>

これ 生きてる雨蛙ですって。
楽し過ぎる・・・ビックラポンです。 


COMMENT: (2)


世の中における 人と人との縁は 不思議なもので 粋なもの。計り知れぬ繋がり。

素敵なお客様・・・母娘の来訪です。 教え子 千夏さんと亜希子ちゃんです。
数回 きもの着装 お稽古に通われていたのですが やはり遠方からは難しく・・・今後は
”出来るときに 出来る形で 前向きに着物を着る!” と言う形で続けましょう。になりました。

今日は 腹心の友のご招待で ルンルンお宅訪問です。

『デパート前で待ち合わせ、ディナーのお買い物 してから、我が家で 二人パーティーしましょう。』
ふ~~~ん 新しい形の訪問 ディナーだわ。 
でも それって 意外に気楽で、見栄張らず・・・いいなぁ~。
最近の・・私傾向~~~見栄は無駄の産物 イヤイヤ 私らしさの最たるものが 無くなったら・・・

旦那様の心遣いで ディナー買い物は 彼女にお任せしたら?。
《寒空を 杖ついて 長距離歩くのは・・・危ない!! 買い物は任せて、訪問先まで送ります。》
優しいお言葉に、お持たせ作りです。 こんにゃくのピリ辛煮・きんぴらごぼう・ひっつけ・・・

最上階のお部屋です。 暗転の室内。 バラード系のBGM。 
まぁ~ 素晴らしいおもてなしですね。 
五条通りを山科方面に向かう車の 赤い テールライト。 
山科方面から市中に入って来る 白いフロントライト。 二色のライトの素敵な光景 ビックリ。
パァ~~~と室内灯がつき、 床上に一輪の カサブランカの生け込み。 お洒落!!。
≪あなたぁ~ こんな素敵な演出 感激です。素晴らし過ぎます。 
 アナタ せっかくのお花 少し短すぎるわぁ~。≫
『いつもお客様が見える時 お気に入りの花を 一輪挿すんです。 あたしも切った後で ああぁ~。・・・』

テーブルの上のおもてなし。
おもむろに出しました。 
≪気持ちだけのもの物です。不出来な物ですが お箸を付けて頂ければ嬉しいです。≫
『みんな とっても美味しいわ。』 フフフ フフフ 数倍も嬉しい 私でした。

二人だけの 気楽なお喋り。笑い声。同感の喜び。・・・幸せな彼女・・・幸せすぎる彼女。

≪ねぇ~ ねぇ~ あなた。 〇〇〇さんは あなたの何処がイイと思ってられるの?
  どうして、こんな環境を与え、自由にしたい事をさせて下さるの??摩訶不思議だわ~~~。
 今度 お会いしたら お聞きしてみたいわ。 ホッホホ。ウッフフ。≫
『月に二 三日ほどの京都生活は、遠方からお弟子さんが お稽古に来て下さるからよ。』
≪違うの‼ あなたが どっぷり漬かっている環境に 羨ましさが 意地悪発言になったの。≫
『内助の功に 感謝の気持ちよ。その一言ね!!』
ムム 私は 家内卒業!!則・すなわち 家外・・・過疎となんです ワタクシ。

それにしても 月に一度のお稽古に ご遠方から見えるのは 友のご人徳ですね。




COMMENT: (0)


2015年11月20日

女の一念 岩をも通す

何か思いこむと、鋭くその事に精力を打ちこみ、偉大なパワーを発揮・・・程々がポイントです

久しぶりに出会った友人から 『皇帝ダリアって 知ってる?』  
≪ハイ。とっても背の高いダリアですネ。 お花がとっても優しく 可憐なのが印象的ですネ。≫

草丈が最大約4~5mにもなる超大型種で、優雅、乙女の真心といった花言葉を持ち、
   気品あるピンクの花びらに、皇帝の名に恥じない存在感のある華・花。

花栽培がご趣味の近所のご夫妻。 去年 苗を購入され、開花を楽しみにされていたのに咲かず残念。
今年こそは”咲かせたい!” ネットで・・・皇帝ダリアの育て方を検索 
とっても興味深い事が 解ったそうです。
お陽様が好き!。皇帝ダリアも 3メートル以上に背伸びして、お陽様に向かっています。
ところが・・・夜は街灯の当たらない 静かに休息を与えないといけないのだそうです。
皇帝ダリア 幹は植物の幹とは言えない位・・・太い。 その上に伸びる3メートルくらいの茎。
昼夜 場所移動は台車が必要!!
そこで・・・友人のお宅に・・・皇帝ダリア育成の場所レンタル依頼です。
1.5メートル位から背丈も伸びず・・・案じていた所 ノキ ノキ ノキと成長!!。
沢山の蕾を付け、ピンクの花 2輪 開花。
『成長が少し遅かったので 背の丈は2メートル余り お花がとってもよく見え、かえって良かったわ。』
早速 見物に!!。まぁ~まぶしい。
毎日 依頼主ご夫妻が 様子見に通われてるそうです。
ご家族なんですネ!。 とても素敵な光景ですネ。

午後 少し 気の思いお出かけです。
弟子の仕事が決まり、大喜び・・・もつかの間 先方から???
仕事先でのスタッフとの係り合いが・・・ 
≪私は出来ます‼。 よりも 教えて下さい!精神で試みて。 その方が上手く行くと思います。≫
<はい。 腕を認められたから・・・頑張ったのに。 解りました。> 気合いが見えました。

重い気持ちを引きずり・・・「琳派イメージ展」 京都国立近代美術館を訪ねました

琳派は素晴らしいですネ。 中でも上村敦之画伯の作品 素晴らしかったです。
松伯美術館 訪ねたいなぁ~。
6代清水六兵衛 の作品 重厚で素晴らしい。 素晴らしい御作にゆったりしました。

神坂雪佳 「えき美術館」23日までのはず。 行かなくっちゃぁ~。


COMMENT: (0)


物事 人それぞれに仕方や、種々の方法があるので、途中でとやかく言わないで結果を見てから判断

丹後ちりめんは京都の誇れる名品です。
「丹後織物工業組合 主催 丹後織物求評会」
今回の注目は 特別企画 「男のきもの(着尺)」 全て丹後の機屋製作の作品。
吸い寄せられました。
何と言っても 『きものと角帯のコーディネイト』 とてもシャイな感じが素敵でした。

企画展 産学公コラボ作品展
”丹後ちりめん”と服飾専門学校との コラボ作品の展示。
きもの離れの昨今 若者の感じ方を知る 興味深い企画でした。
お気に入りの作品は 
パンツにドレープを巧妙に入れ、体型カバーにも最適!!
さてさて 着物地で作っても このドレープ 豊満な腰回りに添って 素敵でしょうね。

次年度の きものカレンダーに掲載された作品を見ながら 一人品評会です。
横に 主催者側の方が来られ 色々教えて頂きました。
組合の 副理事長様だそうです。 物作りに対して、提供する側 受ける側 それぞれありますね。

京都市内では レンタルきものを楽しんで 多くの若者が街中を散歩されてます。
きもの着装で きもの愛好家を増やす為にも、最適の企画のようおもいました。

帰り道 堀川通りの 銀杏が 素晴らしかったので
一時停車 観光客の皆さんと笑顔のご挨拶です。

秋の しっとりと落ち着いた華やかさは 和の フフフ根性にも 思えます。

物事の良し悪しは 出来上がった結果を見なければ 解らないものですね。


COMMENT: (0)


他人からの伝え聞きは、個人の思い込みも重なり・・・誤りが多い。自ら実際に見るに越した事はない

朝から・・・イライラversion。
遠回りに在る弟子は、思いのままをオブラートを掛ける事も無く ズバリ突き刺すように言います。
私も・・・同感!!だったので 落ち着いて聞けました。

そこで 気持ちを落ち着かせ・・・勇気を奮い起こして、屈辱を乗り越え行動しました。
意外に 相手にとっては重要な事ではないようでした。
極々普通に お応えがありました。 と言う事で 私の・・・一人芝居であったようです。

見事弟子のひとりに 着付けスタッフ依頼がありました。
この素敵な結果を 一番喜ばれたのはご主人でした。
幸せのお礼電話で とってもとっても・・・羨ましい!! 
私の仕事に 次のスタッフが着く事が出来ました。 
きっと・・・心深い仕事をされ、一層・・・技を磨かれる事と信じています。

午後から『きものを着れる喜び講座』です。
二重太鼓の動画。
次回に先送り・・・にしました。

申し訳ない事をしました。
こういう事は ゆったりとした 心落ち着いた環境でしないとダメですネ。
イライラがまだ残っていたようです。
近日中に再度 挑戦します。 私の一方通行かもしれませんが、
頑張る人にこそ、 嬉しい結果が微笑まないと イヤです。 fight fight !!

今日の オチ 
リハビリ 療法で、 セラピストから一言 肩の硬縮が緩んできています。
<意識して下さい!! 手先はまだまだですが、肩がよく動きます。嬉しいですネ。>

腕の上げ下げは ”waki 脇 を締めてする。” 手部分の 要となる動作です。 でした。


COMMENT: (0)


2015年11月18日

後悔 先にたたず

何事も 後悔しない様に 十分に自分に尽すように心がけましょう

ありがたい事です。
<このブロッコリー 出来上がりが違うけれど 採れたてです。召し上がって下さい。>
ビックリしました。
大好物のお野菜です。今日はサラダ・ゴマよごし・冷凍・・・ お料理って楽しいですネ。
ブログを見た友人からの 立派な産物・・・宝物プレゼントです。

午後から 秋雨。 寂しげな雨は より冷たいです。
何故か 心が寂しげです。
でもでも 雨が降っても シトシト雨の中を レインハットをかぶり、お散歩です。
リハビリ散歩と ふふふ ダイエットだけは 出来る限り しなくてはイケマセン!!!。

秋雨の中 陽が射しこむような 植木鉢に出会いました。
晩秋のガーデニングでよく見る・・・鉢植え 多種多様のベゴニア。
我が家のベゴニアは、数年前 先輩から頂戴した・・・赤いベゴニアで、可愛い花を付けています。

今日 出会ったベゴニアは 大好きcolorの
黄色のベゴニアです。
木立ベゴニア(=ベゴニアの黄色の花)の花言葉は、「親切」「つりあいが良い」。

ふふふ なんと心地よい ハニーと私の・・・花言葉なんでしょう。

ふっと思い出しました。
≪あなたぁ~ このベゴニア 先輩のご主人様が、分けて下さったお花なの。
  シャンデリアみたいな ゴージャスなお花を咲かすベゴニアなの。幹も太くて堂々としてるわ。
  外は寒いから リビングの棚に置いてたのに 何故 外に置くの? スッゴイ 責任問題だわ。≫
《自然の状況に勝てへんのを・・・ 無理やり状況を変えて・・・咲かせよう!!なんて・・・ヤメトケ!!
  水遣りは・・・いつも僕の仕事。出来る形で 協力させて頂きます。ヨロシク。》
ウウウェ~~~~ン。 シャンデリアみたいな、私 大好きversionのベゴニア。
救いの気持ちは 時すでに遅し!!。
とっても悲しい事 思い出しました。 グスン! 家に帰ったら 即 言ってやろう!!!

≪ただいまぁ~~~。あなたぁ~ 悲しい事思い出したの。≫
間髪入れず・・・《雨に濡れたら 風邪ひくぞ。迎えの電話 まってたのに。》
≪ゴメンナサイ。≫

私の決心・・・??? 
今日のオチ ”時 すでに遅し・後悔先に立たず”

クリスマス催事 ほぼ決まりました。 私この事も・・・後悔の前に熟考を!!肝に銘じて・・・です。




COMMENT: (0)


2015年11月16日

薔薇に刺あり

外見が美しいものは、隠れたところに、人を傷つけるものを持っているから用心して下さい
男性を悩殺する美人・フフフ・フフフ 底知れない・・・幼すぎる可愛い 妻などは棘かな?。

やっぱり私のホームグランドは・・・京都。 何と言っても 京都!!。
久しぶりに 独りでリハビリ散歩 ルンルン。
やっぱり 出会う人 出会う人 言葉のcatch ball 。
なかなか独りで・・・ひたすら ” 歩く ” 事に徹してのリハビリ運動が出来ません。

フフフ ウッシシ でもでも この事が 結構好きバージョンです。
<2・3日 会えなかったけれど、大丈夫だった?> <具合悪くなぁ~イ?> 
何人もの 隣人からお声掛けです。 私 シッカリ応えるので 時間が掛かってしまうのです。

友人と四日ぶりに出会い、一緒に散歩してもらいました。
やっぱり 話し相手があってこその・・・散歩ですね。
途中 可愛い柊の花と出会いました。葉のギザギザが鋭い=若い!!

柊の葉のギザギザは・・・フフフ加齢にともない ギザギザ棘がとれていくそうです。

歩を進め、ガレージ菜園に出会い 大喜びしました。
サニーレタス・ねぎ・菊菜・ デッカイ葉っぱ・・・
ブロッコリーです。

大きさを確認しながら・・・今日のブログ・・・決定!! フフフ・ふふふ・フフフ。

今日のお昼は ブロッコリーの彩り美しく とっても美味しい クリームスープ仕立ての スゲッティーです。

午後からは、リハビリ治療院です。
治療師から、少しずつよくなってますネ!!嬉しいお言葉でした。

今日のオチ・・・です。
≪あなたぁ~ 早く! この前 お土産に頂いた ブロッコリー持ってるところ 写真撮って下さぁ~い。≫
《何で ブロッコリー持った 写真撮るの?  アレッ〇〇ちゃん どうしたん? 》

まぁ~ 私、〖ブロッコリ片手の 麗夫人〗を!!!と思ったら、
あれぇ~ 前にのめって、スッテン コロリ・・・です。
旦那様が デジカメ持ってきて・・・??? 《何事や。ドウシタン。》
≪あなたぁ~ 起こして下さい。独りで起きれませぇ~~~ん。≫
《ブロッコリー 離せぇ―!! 一人で起きろぉ~~~ ワッハハ 笑うしかないわ。》
≪何でもイイから 起こしてぇ~~~。  ウェ~~~ン。何でもイイから起こしてぇ~~~。≫
《〇〇ちゃん アホちゃんは止めて下さい。それにしても 重たすぎるわぁ~。》

今日の ケッサクオチでした。

柊の葉は、年を重ねるごとに棘がとれて丸くなっていく。
私たちはより一層・・・棘が研ぎ澄まされていく。のであります。



COMMENT: (2)


2015年11月16日

住めば都

一度住むと、どんな場所でも 都のような良い所と思えるものである。生活の歴史があります

土間に段ボール箱が。 ???何だろう???

昨日の キーウィのおばさんに電話しました。
『あんたが子供みたいに喜ぶから・・・旦那さんに言って 持って帰ってもらったんヨ。
      まだ固いじゃろ。熟してるんじゃぁ。 あれが柔らこうなったら 食べて下さい。』
≪あのぅ~ おりんごが一緒に入ってますが・・・おりんご お返ししますネ。≫
『あんた 何も知らんねぇ~。熟すために りんごを入れとくんヨ! 子供みたいじゃねぇ~。』
   


山の中腹に キーゥイ棚が見えました。 吸い込まれるように・・・呼ぶんです・・・キーゥイ棚が。
≪どうしても 実がなってるところを見たいです。お願いします。≫
一番 嫌な顔をして 小声で 《止めとけ!!エエ加減にしろぉ~~~。》 は旦那様です。
『止めとけ!!と言っても、この人は・・・聞かんじゃろ。 危ないで。手引いてもらいなさいや。』

ナナ ナント 御年 91歳のおばさんが一人で 実った〇〇個の キーウィ全部 捥いだそうです。
凄いとしか言えないです。 
『あんた 優しい旦那様 大事にしなさいや。 あんたの世話で大変や!
 そんなにキーウィ採りたかったら、来年も来て下さい。待ってますよ。 施設のみんなも喜ぶよ。』

嬉しいお誘いと、苦言提言の数々。
独りで暮らして〇〇年。 休んでる暇はないそうです。
目が覚めたら、まず お陽さんにご挨拶、家の掃除をして、山・畑・鶏・猫の朝ご飯。
毎日 しなければいけない仕事が 満載。

『独り暮らしだから、毎日身の周りは恥ずかしくないように かたずけ、清潔にしています。
 一緒に暮らそう! と言ってくれる 子供や孫に迷惑掛かるから、いつも小ざっぱりしてます。』
素晴らしい先輩です。 心の中で・・・また 呼んで下さい!! 是非お会いしたい先輩です。
子供さんたちが 一緒に暮らそう!!と言って下さるそうですが、一人暮らしが長くなると
今のままで 十分幸せ!!。
皆が よくしてくれる事は解っているが、する事が無くなる方が・・・こわいです。凛々しいお考えです。

今日 弟子が来て・・・5個づつ持って帰りました。 食べごろで美味しかったそうです。
ジャムでも作って お送りさせて頂こうと思っています。



COMMENT: (0)


2015年11月15日

世は相持ち

自分だけではなく みんなの幸福を考えることが、幸せの連鎖。結果的に自分に幸福をもたらす

偶然は重なりますネ。 それは必然のように 自然に展開、進行します。

以前から 年に1~2回 「お喋り会」 つたない講演ですが依頼があり・・・
丁度 両親・兄の 法要を計画中だったので、同じ期にと計画。
・・・日が決まって、神官に連絡すると、その日はお祭りがあるので、翌日にする事で決定!。

神官から、1日早く出て来て・・・祭衣裳の着付け師に 心得と着装方の指導をして欲しい。
まぁ~~~ 嬉しい悲鳴です。
何と言っても 一番大きな・・・エライお仕事担当者様のご理解ご協力です。

いとも簡単に 《解りました。仕事の調整もあるから 深夜出発で行こう!!》

高知県に出発です。 深夜01時14分 出発。 06時前に南国 到着。
ヤヤ 雨です。それも大粒の雨です。
神事・・・テントを張り、見栄一杯なれど 恙無く終了。
午後から  祭衣裳の着付け師と話し合いと 実技指導。
お夕食は 
高知らしい 皿鉢料理で着付けの話し。楽しい隠し技のご披露!!
ただただ・・・恐ろしい光景。 飲む飲む その上にも飲まれる。

”いごっそ” ではないけれど、皆さま・・・ご立派だと思いました。

早朝 準備。子供たちは大賑いです。 雨模様です。
保護者のお着付け 無し。 子供たちは・・・ 
驚きました。 衣装は代々繋ぐ大切な伝統民芸品。・・・

翌日も大雨です。 久しぶりのお出会いが 嬉しくて、多くを学ばせて頂きました。
ご一緒のランチタイム。
あまりの 可愛さに大感激です。
お宅にご招待・・・キーウイの藤棚 ご披露です。

多くの出会いは 沢山の幸せを運びます。 感謝。


COMMENT: (0)


2015年11月12日

三つ子の魂百まで

真実をついた驚くべきことわざ。3歳までの 教育は極めて大切であり、
  その教えは100歳までも影響する。


≪先生! 意地そうに仕上げて下さいネ!!。≫
『またそんな事言って! いつも言ってるでしょう。今のままで十分です。』
≪お人よしに見られるの・・・嫌なの!。実際お人よしだから、
            せめて見た目だけでも 意地悪そうで、程ほどなの。≫
『止めて!! それにもうデザイン決まってるから、このままします。』
  
≪あっ 先生 このお花 お水入れ何処にあるんですか?≫

『それね、空気中の水分を吸ってるから・・・お水要らないの。』
≪きっとアフリカか熱い国の植物ですネ。≫ 
『知りません。そんなに喋ったら 仕事にならないから ちょっと黙ってて!』

私 とても不思議なんです。
どうして水の要らない植物? 何処の国の植物? どうして手に入れたの?etc.
どうして 明確に捉えられないんでしょう???

『そんなんどうでもイイでしょう! その人が好きで飾ってはるんやし、
その事は・・・自分にとって何にもならへんしぃ~~~。 何でも知りたがるねぇ~。』

やはり 私は少しずつ 幼児に還っているようです。
帰宅後 旦那様に 呆れた美容師の事を話すと、
《先生の言う通りです。 何時でも・何処でも・どんな時でも 疑問は必ず・・・質問する。
 ドキッとさせられる事 多々あります。》
≪私って 極々普通よ!! それに先生 スッゴク女性的だから 考え方も・・・女性的なのよ。≫
《いえいえ もう少し 和貴・・・フフフ わきまえる事!! 私も疲れます。》 ですって。 ははは

三歳までの 大切な教育を、かつて日本中の家庭で行っていたんですね。
私 とっても大らかな 母と 厳格な父・・・と言われるのが好きな父に育てられました。


COMMENT: (2)


同志の人の言葉が 自分の意に上手く合って、この上なく愉快に感ぜられる・・・妙味‼

何でも 全てご自分の指示優先の・・・旦那様に 私の予定は 振り子状態です。
今日も大忙しの・・・一日でした。
午前中の2件の予定は 断りも無く 《 仕事や!急にお客さんがあり・・・仕方ないやろう。》

私、大人らしく・・・独りでリハビリ散歩と確信したものの
今月からの 新療法士からの宿題自主トレに 持ち前の 頑張りファイト精神が・・・
やり過ぎが高じて・・・手足はテーピングだらけ。
なんとか 出来る為のプロムナードと ルンルン・イタタ・らんらん・ヤルしかない。

友人に 散歩の同行を頼み、約30分 秋を探しました。
京都市 秋の特別拝観が行われている寺院 
多くの観光客で賑わっています。 また他府県の乗用車も多く、ご家族で秋をご満悦。
素晴らしく・羨ましい 光景です。
駐車場に咲く 山茶花。 艶緑の葉に緋色の色良く咲く山茶花。
紅葉の中で くっきり締め‼の役割をしています。

次季節を彩る 花 ですが、色んな所で出会う昨今です。
山茶花の花言葉 可笑しいわぁ~ フフフ・フフフ
白色の花は ・・・ひたむきな愛・あなたは私の愛を退ける
赤や桃色の花は・・・・あなたがもっとも美しい・永遠の愛  可笑しいでしょう‼。

今日は 「きものを着れる喜び 講座」 開講日です。
何と 数人の弟子がオーディションです。
出題は・・・『 二重太鼓 』 帯結びの基本型です。
私なりの拘りがあり、この点を先方も重要ですと思われ、
ご理解下さり とても嬉しく、力が入ります。
持ち込みの〔 帯柄付けの形状 〕 をしっかり把握、結びあがった 後ろ姿を思い、イメージ作り。

最近の 袋帯は 柄付け等多種多様。 素晴らしい試練です。
基本型・・・きもの姿の華は 後ろ姿に観える女前!!

普通の事ながら、余りにも”当たり前!!”で ス~~ット捉えられてる事。
自分なりの・・・相手の為に 幸せ祈り 動かす心身・技‼。 でなくっちゃぁ~ネ!!


 




COMMENT: (0)


面と面を向きあいながら、子どもに分かることばで教え、
 子どもと一緒に協働行動しながら必要に応じて助言、指導。
   親の日常生活の行動や、それぞれの場面で一生懸命している姿


今日は お待ちかね パソコバ先生のレッスン日です。
私って・・・凄いんです。
インターホンが鳴ると 大声で叫ぶんです。
≪はぁ~~い。ハァ~~~イ。 先生 お待ちしていましたぁ~~~。≫
来訪者も 旦那様も ビックリ・・・わっはっは。 凄い迫力だぁ~。

鬼も笑わないでしょう。 年賀状の準備を始めました。
来年は 申年。 
私の願い 企画を 隣部屋で聞いていた旦那様。大喜びの大受けでした。

《まさしく 仰るとおりです。本当にお言葉通り描き添えたら 皆さん フムフム・解るワカル だろうな。》
実は パソコバ先生に私が言った話が 聞こえてたんです。

≪先生! 私 見猿・言わ猿・聞か猿 三猿を 年賀イラストにしたいんです。
   これって、旦那様の最大の願いだと思いますの。 フフフ。名案でしょう!!≫

旦那様は とってもお気に入りの年賀状がご披露されると期待大・・・が 残念でしたぁ~~~。
とっても普通で カラフルで 思いと願いを込めた 年賀状作りました。

おばあちゃんが たっての願いで 急遽 七五三参りです。 
弟子に電話 お化粧・髪結い・着付け(手結び帯)・・・べた褒め・・・が出来る弟子・・・フフフ。

お嬢ちゃま お稽古事から お迎えの車の中で、お母様からお話を聞き・・・帰宅後 即準備。
女の子は6歳になると シッカリ自分の役目が解っているようです。
雨の日が続き、七五三を楽しみに来られたお婆様が、明日お帰りになる。
今日しかない。ママは必死の思いでお嬢ちゃまに話されたようです。

『はぁ~~~い。』 愛らしい顔で快諾 準備です。
お化粧をして、結髪(お髷付け)、着付け。弟子も馴れた事です。
誉めて・誉めて・誉め抜いて ご準備完了時 立派な七五三です。
夕刻の お散歩中の皆さんも 夕刻と言う 時間的な事もあり、大拍手で、お祝いの歓声です。

素晴らしい 佳き日でした。 現場監督の私も ほくほく顔です。
紫のとっても高貴なきもの姿。 幸せなお嬢様ですネ。
  
温かさ、やわらかさ、やさしさを有する母親は、子どもにとっては安心・安全の基地・・・で在りたいです


COMMENT: (0)


2015年11月09日

花も実もある

名実 共に備わっている。心身の健康からこそ生まれる努力の結果

今朝 昨日までの展覧会出展作品 搬出に来られた 陶芸家 河本匠司さんから電話がありました。
先生の作品鑑賞・印象を 僭越ながら話させて頂きました。
≪柔らかさに中に見えた 女性のしたたかさ。 女性ならではの芯の強さ‼。を感じました。≫
先生から、作品について話したい事があります。手紙に認めます。お話しいただきました。

<あの作品の参考資料は アメリカ在留のグラフィックデザイナー 日本女性の作品です。>
近しい事を感じたのは・・・やはり・・・ですね。 なんだか嬉しいお話でした。

今日は午後から検診です。
今後のリハビリ療法についての方向指示を頂き、時間通り終わりました。
秋の小雨は しとしとと物静かだけど、なにかとっても 芯の強さを感じます。

帰り道は・・・旦那様と 難儀な障害の話をしながら・・・落ち込み深しです。
ふっと窓の外を見ると、シトシト雨に 花先の・・・
ふぁふぁもシッカリと立てて 天からの恵みに感謝の顔をした〖 藤袴〗と出会いました。
ほのかに漂う香りは 芳香という言葉にふさわしい、優しい香りです。
間から 〖紫式部〗が 実を付け素晴らしい 共生です。
ちょっと目をやると・・・母の大好きな花 〖紫苑〗が微笑んでいました。
小雨は 嬉しい恵みでしょうね。
   

紫の花 なぜか 凛として素晴らしい花ですネ。

「奉仕のエネルギー」が「紫色を好む女性の代名詞」と聞いた事があります。
奉仕とは、自分が好きなことを追求し、それが自然と相手のためになっているということ。
決して自己犠牲を払うことではなく、気持ちを込めて自ら行う自主的行動。

紫を好む人はそういった・・・本来の奉仕の道を歩める人だそうです。
母はその通りの人で、生き方もその通りでした。 強い女性でした。
・・・私は その母の 娘。 歩まなくては・・・。


COMMENT: (0)


next


PAGE TOP