京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



幾通りにも知っている者は、柔軟である。一通りしか知らなくそれを押し通す者は・・・高慢である

夏休みの終了。 「着付け勉強会」 が始まりました。
まだまだ残暑厳しいですが・・・やはり 着物は単衣。半襟等の小物は夏物。楽しいですね。
本日の参加者は6名。
長期間・・・フフフ 一か月==なれど・・・少しでも多く会って話したい。
着物を通じて 互いに切磋琢磨した仲間です。
出合いの頃の思い出は どこまでも懐かしく、 私は・・・そうそう その頃は「きもの知識」・・・微、極少。
着付け関係の先生、着付け学院 インターンの皆様、その他多くの先輩諸姉にご指導頂きました。
和裁の先生にも・・・『きもの姿振興=着物の成り立ちを知りなさい!』 和裁を教えて頂きました。

思わず出ました。
≪お別れの通知 少しづつ年齢的に 近い人になってきました。お互い一回でも多くお会いしたいですね。≫

今日のお稽古は・・・ 「結び文」 袋帯の帯結びで掲載されていました。
私が 仲間に紹介・・・結び方のお稽古したのは、「恋文」。同じ姿形の帯結びです。
以前 そう15年前頃に、お稽古した帯結び=「恋文」帯結び。

ゆかた帯で結んだ帯結び。 う~~~ん チョット違う。・・・”黙っている!!”
色々提案等の話しましたが・・・ 反応 ナシ。 我が道を行く~~~。
小幅袋帯で、瑠璃蝶の上に 熨斗目結び  また違った形の帯結びが出来ました。

気が付きました。 
この帯結び「恋文」は 前結びして~~~クルッと回す・・・が出来る素敵な帯結び。
弟子に特訓しよう‼  楽しみが出来ました。

自分に言い聞かせました。周りの人の声は・・・真摯な気持ちで聞く。
この事は 自分は勿論 お相手にとっても 素敵な事への・・・スキルアップですね。


COMMENT: (2)




PAGE TOP