京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



成功の源。行動すれば成功するかもしれないし、失敗かもしれない・・・少なくとも成功の可能性がそこに在る。

早く 「花を愛でる会」 機関紙制作 頑張らなくっちゃぁ~。
思いながらも~~~そろそろ ”長月お誘い” の詳細が決まるかなぁ~。・・・虎視眈々と待っています。
とはいえ フフフ 文頭〈残暑・晩夏の候・・・〉いよいよ発信しなくてはと、気の急く昨今です。

散歩途中 素晴らしい感激事が有りました。
一面=してはいけない事。 半面=素晴らしい事です。
≪あなた りっぱな木槿だわ。 記念写真撮って。≫ 
《もうチョット右へ、左へ。~~~。 花にもっと寄って 顔を出して。~~~》

ビックリしました。 ここ13年 動かない=動かしつらい右手が・・・したのです。
目の前の木槿の枝を~~~私の右手が・・・スッと伸ばし 枝を下に下げたんです。
あぁ~ 何と言う事でしょう。 右手が 力を込めて、心を添えて応援してくれました。

前途揚々の 私の 『手という 部位』です。 
さてさて スキルアップ 如何な物でしょう。



運がいい人、悪い人は、いない。 運がいい 悪いと思う人がいるだけ。

とても楽しみにしていたミュージカル "にんじん" 鑑賞。

今ある現状・・・が余計に感じ入る事多く、注目の 眼 がそこに移ります。
大竹 しのぶさん演じる 14歳の少年"にんじん"。
38年ぶりの 向き合う"にんじん"。
逆境に立ち向かい・・・考え方・受け留め方・対処の方法・立ち上がる それぞれの"にんじん"。

大阪公演は・・・10日間だけ。 もったいな過ぎます。 
夏休み中に親子で、家族で・・・ご夫婦で向き合って欲しい・・・夢につながるストリー、ミュージカルでした。
家族の在り方を熟考中の・・・私にとっても心打たれる ミュージカル・・・舞台でした。
そこには・・・60歳の女優が演じきる 14歳の 苦境を乗り越える少年・・・ とんでもない 初々しい少年でした。 
そして、いまやテレビ等で活躍中の娘さんを育てた~~~女性演じる 少年の残像が輝かしくスキップしています。
 京都に着き・・・打ち合わせが有り やはり疲れました。 帰宅後の記念写真です。

クリスマス きものショーの打ち合わせ。
これからですね。さてさて・・・私 誰から===説き落とそうかしら。 ワニ・鰐の顔になってた私のようです。


COMMENT: (0)




PAGE TOP