京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



未来に向かい・・・他人の物差し、自分の物差し それぞれ寸法が違う・・・事を体幹に置きましょう

とっても~~~びっくり・仰天・・・ありがたいお心をお二方から頂きました。

海外赴任中の娘に・・・京都市伏見区 藤森神社=『開運厄除守』を頂きました。
 
藤森神社は、約1800年前創建。「菖蒲の節句」 発祥の地と言われる・・・開運・学問・馬の神社だそうです。
39歳の愛娘===32歳の時でしたあ。 急に『前厄払いに今宮神社内の厄神社でご祈祷してもらいます。』
それからは、毎年・毎回・・・赴任先から帰国の際、お見合いを段取り、うまく ご縁が繋がるよう~~~必死の私でした。
まぁ~いつも・・・即ご辞退。 お断りされたのは1回。  
何故なぜ何故。何がご不満なの???
先日 娘から色々話を聞き、彼女なりの生き方を知らされ、よく解り、納得。 大人らしい考え方に尊敬しました。
ですので、今回の事を・・・余りにも自分勝手な行動に・・・渋々ながらも受け入れました。

菖蒲=勝負の神のお守り拝受。  娘に話しますと、『気合を入れてます。』お伝えくださいと話していました。                    
                    
同じ日 夕刻です。”刀で運を切り開き 厄を断ち切りなさい” 藤森神社の護身刀 お守りをお届け頂きました。
〈もう 過去の事をいつまでもクヨクヨ・・・思い、涙し、悲しむのは・・・くだらん人生ですよ。忘れてしまいなさい。〉
大学教授の友人から・・・勇姿を諭されました。
護身刀 お守りを・・・しばらくの間 肌身離さず持っていなさい。
必ず優しい感謝の出来る奥様、お母様になります。

周りの皆さまに育てられる・・・幸せ者です。


COMMENT: (2)




PAGE TOP