京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



「運命は性格の中にある。」という言葉は決して・・・なおざりに生まれたものではない

さすがに~~~体力・気力・フフフ 意地っぱり度の減退を感じます。
さすが~~~神様は弱者でも 頑張れる人には ふふふ 大きなご加護=愛を注いでくださいます。
太陽の光は、一点ではなく、大きく広く~~~ 水の輪のように拡げ 『和』 を織り成し紡ぎます。

今朝 愛娘は4時半に 朝ごはんをしっかり食べて、元気よく赴任先に向かいました。
<ママ ありがとございました。12日の還幸祭ランスルーリハの時間に間に合うように帰って来ます。>
今朝の娘の目覚ましコールはICON45 3時55分の呼び出し音。ICON484時05分の確認音でした。
≪貴女 どなたからの電話ですか?≫  
<〇〇さんよ。 寝坊したら大変だから・・・いつもこうしてお互いに目覚ましの連絡とり合うのよ。>
別居新婚さんらしいお言葉にface08 ビックリ 羨ましい母です。  電話を替わってもらい 
≪もしもし おはようございます。 折角のお休みにご迷惑をお掛けし申し訳ないです。
  私も 神事の後継者を探しています。なるべく早くと思っています。ごめんなさい。≫
『そんな事は言わなくていいです。二人の写真見ましたよ。お母さん!!オーラが見えました。』
ああ~~~なんて素晴しいお婿さんでしょう。 愛娘は素敵な方を選んでくれました。
愛娘を見送り、ベッドに。 だんな様の声で目が覚めたのが9時30分でした。
・・・~~~ 眼の下の隈が無くなったのでは・・・と思うくらい 幸せ熟・爆睡でした。
電話がなりました。八乙女さんからです。
「先生 昨日はありがとうございました。お還りは、お姉ちゃん先生とお兄ちゃん先生が帰ってきてくれますか?」
ウキウキ声で話し、後方で・・・笑い声が聞こえます。 
「先生 よっぽど娘さんのご主人が可愛いんですね。皆で安心しています。・・・これからも宜しくお願いします。」
私 結構・・・お婿さんface04 気に入らなくて、不満足+拒否発言連発なのに face04ICON49
反省しました。 そうです新しい家族 英さんは素晴らしい方です。
息子にない・・・ 母親に対する優しさが満ち溢れています。
これからは英さんを頼りに生きて行こう!!思いました。icon14愛息子の怖ぁ~い顔。icon09
夕方 素晴らしいプレゼントが 先日 杜若を頂いた方からです。
「昨日は暑い中をありがとうございました。皆の為によく頑張ってくれました。芍薬が咲きました。
 これを見てゆっくり休んでください。」 とシルバー会の会長様がお届けくださったそうです。
スッピン顔ではご挨拶も出来ないだろう・・・旦那様のお気遣いに感謝です。
ふふふ 愛娘が在宅中は女同士しっかり肩組み仲良し。そして 今朝からは~~~やっぱり相方は旦那様ICON50


COMMENT: (0)


2018年05月06日

子は親を映す鏡。

親の生き方こそ、子供にとって最高の教育。子どもは親の言う事は聞かないが、親のする通りにする。

はればれと晴れわたった青空、すがすがしい薫風。 今日は「今宮祭 八乙女供奉」の日です。
朝 菖蒲の花に水を差し、お天気に恵まれた事を感謝し、今宮神社に出向きました。
手水で清め、本殿に参拝。 産土神の笑い声が聞こえました。
きっと お旅所に行ける事を大喜びの御声と~~~聴こえました。

子どもたちは早くから準備に係って、それぞれが自分の出来る事から始めていました。
大人と違い、昨日言われた種々を伝達通りにする。出来る。最近この状態が特に・・・心地良い物に感じます。
そうなんです。信頼感です。 周りの大人たち・・・との関わり合いから痛切に感じています!!。
ご経験から・・・ ”小さな気遣い~気廻し”・・・が、特別な環境では ”ご迷惑” に感じる事が目に付き、
私自身も =気をつける!= 念頭においています。 自分が責任を全うできない事は控えるべきだとしています。
お支度ができました。 ご一緒にお練りをして頂く皆様も素敵な和装です。
本殿で神様にお出かけのご報告をして・・・出発です。 
今宮神社は西陣に在り、同行の皆様の帯付け姿は 素晴らしいです。
本殿で三年供奉の八乙女の舞奉納のお供え、 聖域での八乙女舞奉納。
この子供たちは大きく羽ばたいてくれるでしょう。
ふっと寂しさが通り過ぎました。
愛娘は明日・・・赴任先に向かい、仕事に就く。
支社から呼び出しがあり、就業後~~~翌日から出張だそうです。 来週12日「今宮祭 還幸祭」の為に帰国。
申し訳ない事です。・・・今朝 5時に迎えの車が来て赴任先に向かいます。
私に出来る事は・・・気持ちよく送る事しか出来ません。
ホカホカご飯に、美味しいおみおつけ。準備していても楽しく嬉しいです。
勝手過ぎる事ですが・・・今回の出国は~~~ふふふ すぐ会えるのです。 
今回のきもの姿も~~~とっても好くお似合いでした。13日のきもの準備もアレコレ楽しいです。

神幸祭で同行の方から・・・『この主人の両親が作って下さいました。』 ばら色の頬でご報告。
『先生 今年は自分できもの準備しました。柄が気に入って作りました。』 嬉しいご報告を頂き、
「京都の街にきもの姿を増やしたい」思いが・・・自然な形で現実のものとなり幸せでした。

我が子の良い鏡に成るよう、日々 誠実に生きていきたいですね
 


COMMENT: (2)




PAGE TOP