京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



咲く花の美醜の原因を探ると色々ありますが、
  全て自分の心で思ったとおりの実がなっているだけですよ。

先日・・・どなたかが我が家の前に届けて下さった 赤と白のチューリッ
何人かの方に、何となく ふぁ~~~っと聞いてみましたが、結局どなたからかも解らない。
今朝 見事に咲き誇りました。
このチューリップ・・・お届けを知らせて下さったら~~~嬉しい気持ちを ハグ付きで???
チューリップは正直花ですね。私も毎日話しかけながら お日様の方に花瓶向き替えです。
先週土曜日・・・散歩中に出会ったチューリップ。 
葉も細長く・・・少し違ってますが、肉感は同じ。勝手に”チューリップの原種” と決めています。
もう一尾度会いたい!! 今日 小雨の中行って来ました。
良かった。  横のチューリップも満開。原種のチューリップもそろそろ・・・終板でした。

今日は~~~あまりにも素敵なお花に出会いました。
花芯=黄色の雄蕊。その周りの 赤茶色の雌蕊。先にビーズを付けたようで・・・余りにも 可愛すぎます。
家人にお聞きしました。  『この花は 山芍薬です。』 
≪美山に自生すると聞く・・・山芍薬ですか? 色は?。いつ頃 見頃ですか? 美山のどの辺ですか?≫
『派手さはないけれど、優しい花だと思います。』 ≪清楚で、その上 凛として堂々とした姿は 健気です。≫
野山に咲く 山芍薬・・・楽しみたい景色です。











COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP