京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



2018年06月21日

苔の一念 岩をも通す

粘り強さが成功を可能にする。   
 ・・・岩のように堅く多きな障害があっても、一所懸命取り組めば、必ずその壁を乗り越え成就できる。

一昨日水曜日の事です。 あっ、あぁ~。びっくり。ガックリ大騒動です。
「きものを着れる喜び講座」の時に気が付いた・・・現状です。
数年間続く 子供たに・・・「ゆかたを着よう‼‼」 今年も6月から出張講座=楽しんでいます。
昨日の事です。『先生、厚かましいお願いですが、子供たちと同じように・・・母親にもゆかた帯教えて下さい。』 
依頼が有りました。今の状態では、自力では出来ないのでお断りしたのですが、同席の弟子から
<日時が合えば、不十分ですが 私たちはお手伝いできます。一緒にお稽古しましょう!!>
ありがたく力強い弟子たちです。
・・・その分 私方は手助けに見合う仕事を と思うと~~~重いです。
新しいスタッフを増やしたい。 という気持ちで・・・「きものを着れる喜び講座」でも提案。
「ゆかた帯で結ぶ~~~お太鼓結び」 
帯揚げ、帯締め、帯枕 使いません。 
ゆかた・ゆかた帯・腰ひも3本、伊達締め1~2本。 かざりものとして、スカーフ1枚。innerは自由。

一度結んでください。 「あれぇ~それ 何?」 「エエッ 最初の段取りしてからでしょう?」 
              「話して、相手が納得して解る。これが最低最小限の帯結び指導ですよ!!」
ゆかた帯は両面遣いできる帯が多く、それを利用して、ゆかた帯の利点をアピールしましょう!
片面が黒字は~~~粋な結び方が出来ますね。
以前 勉強会でお稽古した この帯結びが頭に浮かび・・・考えてみました。
明日、もう一度この結び方・・・復習して頂こうと願っています。
この分野=知りたい事はとことん知りたいのです。そ・し・て・・・オリジナル性をプラスしてお知らせしたい・・・私です。



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP