京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



自制心を保てないのも、・・・恥ずべき事です。

しっくり気持ちが落ち着かない中で、「七五三詣り」お着付けです。                                            娘さんの仕事の関係で、今日の日に決められ、ご家族お揃いで晴れの日です。                                   ”幼い日の節目の慶事は、必ず・・・形にして思い出作りをしておきたいのです。                                   ”お母様は、高校卒業の時・・・袴着装でお手伝いさせて頂いた方です。                                        秋晴れの穏やかな陽の中での晴れ姿は、皆さんの心も映え、私も少し気分が落ち着きました

今日は「きもの勉強会」の日。 参加どうしようかな? 
お茶当番の日だ。参加させて頂き、お勉強しながら気持ちの切り替えしないと!
小幅帯での復習、口々に「何度も回数重ね練習しても、手が定着しない!」 加齢現象でしょうか?                                

  

≪この結び方、華やかで艶やか。振袖にも素敵に映えますね。小幅帯での作品、ショーの目玉に成りますね。≫
気が付けば、この花の芯に金銀の水引で花芯を作ると・・・、着装きものとの相性は、~~~ 楽しさがRefresh!

帰り・・・ふと 革堂「藤袴祭り」。   以前取材で小学生の地域活性化活動で知った・・・
「藤袴の鉢植えをお預けし、ご老人と一緒に水やり等しえ、育てる」。
藤袴はアサギマダラ=海を越えて訪れる 蝶。その時は皆で大歓声! 共に手を取り喜びの時と伺いました。
 「藤袴祭」開催期で、寺町通りは「藤袴の鉢植え」がずらりと並んでいます。
秋風と戯れ素敵な香りで秋の到来を告げています。
気持ち・・・フッと隙間が空きました。革堂=行願寺 門中に続く~~~レッドカーペット。 
先月 タキシード姿のパパのエスコートで進んだ道。娘が<クヨクヨしないで!さぁ~。>声が聞こえました。
 土の鉢にも、アサギマダラの札裏に「願い事」
大海を越え、秋を運び=しのぎやすい時と笑顔をプレゼント。
地域の皆さんの手で、笑顔の可愛い「藤袴の鉢植え」並びます。
アサギマダラの雄々しさに、我が身の小ささを思い落ち込み続行。
 
おにぎりアクション2018 おにぎりを作り、写真撮影。送信しよう! 
子どもたちの清らかな目に、心身に 『力』を。 
日本のこども達は、定期的に近所のおじいちゃん、おばあちゃんを訪ね、一緒に水やり花を咲かせる。
アサギマダラの来飛を、手を心を合わせ待つ 幸せ。  力湧いてきました。 花の力は偉大です。



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP