京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



今が在る事を喜ぶ心。過去に感謝と、未来に責任!!生き方の大きな課題ですね

素晴らしい=素晴らし過ぎる 京都女子大学 ニューイヤーコンサート2019
今回のメインテーマは 「響き合う和洋 その出会いと創造」 
会場前ロビー ホアイエで、ウェルカム ロビーコンサート 開催中でした。
シンガーソングライターの歌声と同じくらい・・・目を引いたのが展示品です。
羽織にオーガンジーを背中部分に付け、紗袷的に仕立てた・・・羽織コート。販売も考えられてるとの事。
だんな様の目が、《衝動買いは・・・辞めとけぇ~。》 心音が聞こえました。 確かに素敵なコートでした。
販売ではなく、私の小振袖衣装&背中の・・・風神雷神の話で~~~花が咲いていたのです。

第一部 校歌に続いて・・・風の架け橋ー笙とオルガンの為のー 二人の笙奏者が重々しく会場出。
パイプオルガン独奏~~~  私、機会を見つけパイプオルガン演奏会 参加したい!!
一度聴いた時、・・・やはりピアノの方が、私的には合う。 やはり・・・感性的にもピアノです。

第二部 「春の海」琴・三絃 菊聖 公一師範の唱に引き寄せられ、
菊聖 公一、菊珠 美奈子夫妻、菊央 雄司氏 親子三人の重厚演奏、ヴァイオリンのクロスオーバーには
その絶妙さに、和洋の響き 納得です。
最後の演奏・・・邦楽/洋楽・舞・美術(マドレー染)のコラボレーション
ポラーノの広場 う~~~ん 感激しました。
中でも 舞 には言葉なしです。
深川 地唄舞 山村流 師範 山村 楽千代さん。 
おこがましいですが、何か同じものを感じるのです。 楽千代さんの人生テーマは「先人を敬い、今を生きる」。
素晴らしい師範の雰囲気に・・・飲み込まれました。

実は、会場に付き、座席引換券で、今日は3階 と聞き、≪なーあんだー。≫ 少々落胆でした。
演奏中、最適の座に気が付きました。往々にして与えられた座席で、満足度が違ってきます。
友人が・・・多分独り参加らしいので、寂しいだろうなぁ~と思い、勝手に思い、係の方にお願い準備済み!
会場に入り、友人を探したら・・・なな!なんと2階 サイド席に。 やはり小さなお節介が自分を責めました。
イエイエ 三階中央席 最高の席でした。 舞台に何重にも出演者がかぶります。
音楽の、舞台の、インパクト的存在=パーカッション 種々の場所でご活躍・・・前川 典子さん 驚きました。
打楽器の偉大さ。 シッカリ見つめる事が出来、 全体の流れを読む感性に驚愕しました。

いくつもの、新しい試みで開催されたコンサート。
舞の最後に、手を合わせ、願掛けをする山村 楽千代さん。
世界平和の願掛けと・・・私は思い、同感の意を書き添えました。
素晴らしい 京都女子大学 ニューイヤーコンサート2019でした。
会場華(花)の前で 記念写真です。 



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP