京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



何事も 予測される真意。事を見抜かれる=相手にとって、それは奈落の悲しみ

午後・・・受診、促通反復療法受診を決めて、旦那様に ≪10月  お世話になる事に決まりました。≫
決定事項を伝えた時・・・意外過ぎる返答と悲しみが~~~膨大なうねりとなり押し寄せました。
8月初旬から何度も だんな様に相談しての・・・今日の日です。

鹿児島大学 川平名誉教授が考案し、取り組まれているリハビリテーション手技で、大きな成果を挙げてる技法。
日常生活の介護者と一緒に、鹿児島に出向き取り組まれた方もあり・・・絶好のチャンス到来を喜びました。
ただ一つ・・・旦那様の協力が不安でした。
京都で受診。患者のみの治療。~~~
すべてクリアになり・・・促通反復療法の受診をお願いしました。

旦那様に報告。喜んでくださる。確信しての返答が・・・
  《入院して治療した方がいいぞ。》
≪ええ??? どうゆう事です。 入院???≫ 《その方が・・・治療効果があるだろう。ダイエットにもなるし・・・》
んまぁ~・・・≪解りました。(プツ~~~ン) 私が毎日 そばに居る事が目障りという事ね。 よく解り過ぎました。≫

気が付けば ヤッカミ大部分の気まま性格が~~~~落ち込みました。
一か月の集中療法です。
そういえば・・・旦那様もお疲れ気味です。
強烈過ぎる・・・反発発言 連発です。  疲れました。

帰宅し、渡り廊下の両親のご遺影の前で報告。悪びれです。
お供えの・・・父の大好物 「土佐の芋けんぴ」との記念撮影。
横暴な父でした。 気甲斐性を忘れた 旦那様です。


COMMENT: (0)


自分は何をしたいか、何が出来るか、何のために在るのか・・・思い、願い、生きよう!

ペットは飼い主に 酷似しますね。
我が家で13年半・・・飼っていた ミニチュア ダックスフンド ロングコートのヴィッキーちゃん。
だんな様とのお散歩は ふさふさの尾は・・・巻き込みお腹の下。怖がり風でした。
私と行くお散歩・・・ふさふさ尻尾を左右に振りながら・・・コンテストのランニングの時と同じように・・・散歩します。
とってもご自慢= 美形の雌犬でした。

今朝 昨日の・・・princessー高砂ユリに続いて、妹princessが 見事な笑顔を見せました。
昨日 贈り主の先輩からは 『高砂ユリ 二本あったでしょう。もう一本も咲きますね。楽しみですね。』
ご連絡いただきましたが・・・つぼみも小さく、”まぁまぁの花だろう” っと思っていました。
とんでもない! より神々しく・・・同じ大きさで、ピュアなprincessです。
”一歩控えて・・・フフフ ごきげんよう。 お会い出来て嬉しいです。” とばかりに・・・出現です。
何となく===弱虫なのに・・・ 踏ん張ってる 私みたいで フフウ 可愛いです。

今朝の新聞で 国産の粋 着物の魅力を=「純国産宝絹展」開催を知り、是非とも見学したいと思いました。
西陣織会館で開催。「蚕糸・絹業提携グループ全国連絡協議会」が五年前から開催。京都開催は二度目。
七人のモデルによる「きものショー」。 観てきました。 やはり正絹の~それなりの外見で・・・鑑賞です。

私 淋しい。悲しかったです。きもの姿==舞台上 モデルのみ。 日本人の観客==数人。
駐車場に停まってた観光バスの 海外からの観光客のみ。日本語が聞こえない!

黄八丈の作務衣姿の私に・・・<記念写真を。>依頼があり、杖が・・・泣いていました。
日本の京都。織物の産地、きもの街 どうなるんでしょう? 今朝の新聞の一面中央 カラ-掲載。 
観客は外国からの方々 ばかり。 ゆっくり50席ほどの席 前列で観れました。     
「きものショー」 紗の振袖・・・ ターンしてー ドキッ。 二部式の長襦袢。アレ~~。
10分ほどの きものショーでした。 多くの事に気づき、勉強させて頂けました。

帰りは・・・思う事多々で 約一時間、街並みを楽しみながら・・・独り散歩で帰りました。
地場産用の活性化で始めた 「京都の街にきもの姿を増やす会」。 
主流を重んじ、徹し===会の活性化を願うばかりです。 
今日の 記念撮影・・・。 フフフ やっぱり私、ペットの犬、花と同じく・・・自己顕示欲 大ですわ。


COMMENT: (0)


女性のたしなみ五か条=基本としていますが、どんな時も成った様に感謝する。見極める力と目が・・・重要です

晴れの日を迎えました。 ありがたく・・・嬉しい日です。
待ちに待った 晴日です。
我が家の・・・princessは  Queen然として 笑っています。

時々 可愛い娘の様子を この娘の親御さん=先輩に話しています。
この高砂ユリは、先輩がとても大事に育てられた 高砂ユリです。

≪高砂ユリのつぼみが大きくなり、上向きから・・・横向きになってきました。≫ 『もうすぐ咲きますよ。』
このprincessは、先月 16日 先輩から頂いた~~~つぼみ付きの鉢植え 2本立ての 高砂ユリです。

ある日、大変な目にあったのです。何物にも変えられない・・・我が家のprincess。
夕刻 帰宅したその時、我が家の前に自転車が。荷台の箱の中に・・・
我が家のprincessが入れられようとしているのです。
恐る恐る ≪そのユリは 我が家のユリですよ。毎日大事に育てています。≫
見知らぬ 某男性 押し付けるように私の胸元に。 そして自転車で行きました。
先輩にお知らせし、確かな成長を続けている princessの姿を送信しました。
『持って帰る事を考え、プラスチックの植木鉢にしましたが・・・。』
いつもながらのお心遣いに感謝の気持ちで一杯でした。
このprincess===私の豊満?な胸板 ワッハハ と、逞しい二の腕が シッカリと受け止められたからこそ
今日の華燭の日が在るのです。
   
 よって、今日のprincessの麗姿は 三階ベランダです。
 舞台が相応しくないですが、間仕切り波板前です。お☆様をあしらいました。

散歩道で 立派な高砂ユリの 群花と出会いました。我が家のprincessが超可愛い。
友人と ちょっと珍しいお茶タイム。
ダイエットもあり、控えていたケーキタイム  イタリヤ風ケーキ「メリンガータ」・・・princess ご馳走様。

何事も===見栄っ張りゆえ 外見が最優先~~~ 違いますね。
大事な事を見極める気持ち。 幼いprincessに教えられました。


COMMENT: (0)


幾通りにも知っている者は、柔軟である。一通りしか知らなくそれを押し通す者は・・・高慢である

夏休みの終了。 「着付け勉強会」 が始まりました。
まだまだ残暑厳しいですが・・・やはり 着物は単衣。半襟等の小物は夏物。楽しいですね。
本日の参加者は6名。
長期間・・・フフフ 一か月==なれど・・・少しでも多く会って話したい。
着物を通じて 互いに切磋琢磨した仲間です。
出合いの頃の思い出は どこまでも懐かしく、 私は・・・そうそう その頃は「きもの知識」・・・微、極少。
着付け関係の先生、着付け学院 インターンの皆様、その他多くの先輩諸姉にご指導頂きました。
和裁の先生にも・・・『きもの姿振興=着物の成り立ちを知りなさい!』 和裁を教えて頂きました。

思わず出ました。
≪お別れの通知 少しづつ年齢的に 近い人になってきました。お互い一回でも多くお会いしたいですね。≫

今日のお稽古は・・・ 「結び文」 袋帯の帯結びで掲載されていました。
私が 仲間に紹介・・・結び方のお稽古したのは、「恋文」。同じ姿形の帯結びです。
以前 そう15年前頃に、お稽古した帯結び=「恋文」帯結び。

ゆかた帯で結んだ帯結び。 う~~~ん チョット違う。・・・”黙っている!!”
色々提案等の話しましたが・・・ 反応 ナシ。 我が道を行く~~~。
小幅袋帯で、瑠璃蝶の上に 熨斗目結び  また違った形の帯結びが出来ました。

気が付きました。 
この帯結び「恋文」は 前結びして~~~クルッと回す・・・が出来る素敵な帯結び。
弟子に特訓しよう‼  楽しみが出来ました。

自分に言い聞かせました。周りの人の声は・・・真摯な気持ちで聞く。
この事は 自分は勿論 お相手にとっても 素敵な事への・・・スキルアップですね。


COMMENT: (2)


母親からの言葉は、素直に耳を傾けて聞きましょう。物事に対し、自分の事として言っているのだから

我が家の『高砂ユリ』 いつ咲き誇り~~~麗姿のご披露があるのでしょう。
今夏・・・8月16日 先輩宅からお迎えした princess。
小さなツボミを付けた=2本の高砂ユリ。。すくすく育っています。
『花を愛でる・・・』の皆様、ご自宅で咲いた・・・ご自慢の花をご紹介下さり、
  八重の白木槿    サボテン    睡蓮
私のご自慢花・・・この princessをご自慢したく、毎日密やかに話しかけています。

夕方の散歩で  『高砂ユリ』に出会いました。
フフフ オッホホ 我が家の princessは Queen高砂ユリとなり・・・開花します。 きっぱり!! 


COMMENT: (0)


自分の欲望を克服した者の方がより勇者。自らに勝つことこそ、最も難しい勝利だから

私 反省しています。 とっても・トッテモ・とても 反省しきりです.
以前は・・・2・3日の貫徹でも ヘッチャラ。 限度が来たら、目を閉じて5分もすれば・・・盛り、モリ、盛りモリもり。
移動が電車だったら・・・立ったままでも、熟睡できた。

それが・・・悲し過ぎるくらい 根性ナシおばさん。
あまりにも、くたくた状態の身体 & 精神。
以前からの事で~~~出来てるのは 見栄を張る事だけ。 です。
昨日は朝から 2か所で治療。 
心療のドクターからは、フフフ『身体と同じくらい大きな心を持ち、許す事も知りなさい。』
それでも ダメ。 だって今まで・・・。今こうして在るもの。

午後からは、「きものを着れる喜び講座」。phoenixです。
クリスマスを控え、弟子に指導は===職人さんの手の温もりが見れる・・・お太鼓結び。
今日も 精神的に落ち着かない中ですが・・・出来たぁ~
後は本人さん意欲と・・・伴う 心身のケアー。

ヤッパリ 先輩のなさってるように・・・三日に一日は必ず休息をとる。
夕べ ダウンしました。  真摯に生きる。
今朝 高砂ユリは・・・大きなツボミになり、おりこうさんとの出会い待ってるようです。




COMMENT: (0)


自分は・・・「何のために生きるのか?」を持とう。そうすれば 生き方に「芯」が出来ます。

『らんらんランチ日帰りバスツアー』 淡路島の自然が育んだ 人・物・心 に触れたお誘いお出かけでした。

まぁ~大変・・・JR京都駅 地下鉄から乗り換えで、新快速 網干 西明石行き乗車です。
あれぇ~ エレベーター・・・無い(見当たらない。) 
       エスカレー^タ・・・無い(この階段ブースのみ 両側・・・超 長長ぁ~~~い 階段。)
杖持って、バック掛けて、不慣れなご自慢衣装・・・フフフ・・・着て、コーディネイト靴ー履いて 苦行の始まりです。
でも、予定新快速・・・間に合い 乗車できそうです。
内心・・・これは連絡・確認 不足だな。でも、遅刻は出来ない。 ヨォ~シ 一人で行ける!覚悟を決めて・・・でした。

新快速 満員です。 朝 8時30分===出勤時間ですもの 仕方ないですね。
でも 朝からの強い子元気なおば様パワーで、元気元気。

うわ~~~超満員 乗車できない‼。
≪スミマセン。ご一緒させて下さぁ~い。お願いします。≫
ふっと 腰辺りに優しい手が。 振り向くと 紺色スーツのお嬢さん。・・・何とか乗れました。
目礼をすると、野菜い笑顔の対応。
乗降が有り、隙間が出来たので・・・隣にいらっしゃるお嬢さんに先ほどのお礼を申し上げました。
〈いえいえ、素敵なお洋服ですね。チョット乗車の時 大丈夫かなと思い、手を添えました。〉
≪貴女の 気甲斐性 感謝申し上げます。≫
~~~気甲斐性について 私が・・・マイク離さ~~~ずである事を断り、了解を得て話しました。
≪貴女のお陰で、今日は素晴らしい日になると思います。≫お礼を述べてお別れしました。

道中 あまりにも多くあり過ぎましたが・・・集合場所まで トコトコ=行けました。 疲れ過ぎました。

淡路島    ランチ 美しく楽しく ランランランチでした。
            
  ロビーの リリーソファー お気に入りです。

帰り 京都駅で降車の際、足が具合悪く案じました。 水分不足は要注意ですね。
下りエスカレーター 先ほどの足の具合から 諦め・・・階段で~~~高すぎ・長すぎ 怖い。
すると、〈おばちゃん 大丈夫ですか?〉 部活帰りでしょうか トレーニング服の学生さんです。
≪ありがとうございます。大丈夫です。・・・・≫
〈おばちゃぁ~~~ん 友達呼んできたから 一緒に下まで行こう!!〉

今日は 若者に大きな心を頂き、心に残るお出かけでした。

環境で培われる人間性。多くを反省、多大な感謝の日でした。 拝




COMMENT: (0)


誰もが咲かせる 花。 自分なりに、自分様に咲かせる 素敵な生き方です。

数日前から・・・ソワソワです。 
「らんらん涼風ランチ 日帰りツアー」に・・・花を愛でる会の仲間と参加します。
きもの姿 大好きの友人です。 今回は 残暑厳しく、企画ツワーに参入なので、
とても残念ですが、私は洋服で参加させて頂きます。
さぁ~・・・さてさて フフフ どんなお洋服着て行こうか。毎日 クローゼットに入り 楽しい作業です。
実は去年の夏も「淡路島 日帰りツアー」参加し、 楽しい思い出があります。
去年は4名。 今年は9人の皆様とご一緒です。
去年知りました。「無花果」も淡路島の名産物だそうです。
ご一緒した皆様は 購入されました。  私は・・・あまり食しない果物。フフフ 遠慮しました。
玉ねぎ・唐辛子・~~~名産品を購入し、楽しかった思い出です。

今日 お散歩道の街路樹に・・・たわわに実った「無花果」・・・素晴らしい実りに出会いました。
明日は「無花果」を購入=焼菓子かジャム 作ってみようかしら~~~。

散歩道で出会った 「無花果」の木です。利用種がふんだんの無花果です。  
明日は 皆さんの お目当てと思います。     

無花果の花言葉=「裕福」「平和」「多産」  愛娘に食べさせようかしら・・・。
毎日ひとつずつ熟す。ひと月で実が熟しきることから「一熟(イチジュク)」が転訛したという無花果。
祈る思いです。・・・楽しくて素敵な日になります様に。


COMMENT: (0)


2017年08月27日

来る者は拒まず

心を寄せて近づいて来る人は、一応の”人となり” が解れば 心を交わす。

人って・・・なかなか 丸一日 家に居るって、気持ちが滅入ります。
何か・・・明確な目的は???

直射日光も落ち着き、後は足元からの暖温が落ち着くと らんらん お散歩時間です。
最近のお散歩=必須願望が・・・足元=地上が解る明るさです。

今日のお散歩は~~~フッと 栗の木見たくなりました。
≪あなた 泉仙の勝手口近くの・・・栗の木見に行きたいです。≫
《栗の木・・・この前の話の続きですか?》 
≪???・・・何の事???≫

出会う皆さんと交わすご挨拶は、「風が涼しいですね。初秋の感が嬉しいですね。」等々。
大きな栗の木に、立派な実が豊作です。 
葡萄はもう収穫が・・・。 楽しく、嬉しい・・・ ウキウキ気分~~~ランラン。
周りに・・・どなたも ひとの気配ナシなので、素直な喜びが フフフ。
フッと気が付くと・・・
『その木は、お寺の木で、植えてあるんです。』
≪はい。散歩の時よく見る木で、栗のお花も凄かったですね。 葡萄はもう収穫されたんですね。≫
『そうですか。あまり楽しそうな声が聞こえたので、・・・木々も喜んでいます。 葡萄は日よけ用で、収穫はしません。』
楽しいお話が弾みました。
『栗が実り、下に落ちる頃になると、早朝から 栗の実集めに00が在るんです。 実だけ採って、イガはほったらかし。』
色々愉しいお話が弾みます。 ふっと・・・
≪あのう~ 大慈院の方ですか?。泉仙の方でしょうか。鉄鉢料理頂きました。≫
臨済宗 大徳寺派の大本山「大徳寺」の境内で営業する、京の老舗 精進鉄鉢料理店です。
『葡萄の枝 切りましょうか。持って帰り 家でも楽しんでください。』  ≪はぁ~~~い。お願いします。≫
『はい。この葡萄は多分・・・食べれませんよ。』・・・でした。
素敵なお土産を頂き、歩を進めると・・・八朔の実りが。  記念写真です」

帰宅後 フフフ 葡萄 試食です。 美味しかったです。
今日は 素敵な方、素敵な光景、美味しい実りの秋に会えた 楽しい日でした。



COMMENT: (0)


最近・・・コツコツ努力することがカッコ悪いという風潮がありますが、いいじゃないですか。カッコ悪くたって。素敵です

ならば00は?では00?  なかなかご満足いただけないようです。
帯が可哀想だけど・・・・・・これは?  『凄い!これにします。』
『蝶結び・リボン結びの他で、スリム下半身に見える帯結びをして下さい。
≪あなた お稽古して下さい。でお受けした話よ。大学生でしょう。最初の話し通り=お稽古しましょう。≫
少々・・・  難 有りですが、リバーシブル帯を活かし結べました。 
≪凄いわ。とても綺麗に結べました。前で結んで後ろに回す。約束事を守り、後2回出来たら卒業ですよ。≫

『先生 よく解りました。きものを着る、帯を結ぶが・・・折り紙って言われたことが。覚えておきます。』
嬉しい言葉でした。 
彼女の踊る姿は???。
ゆかた姿は フフフ ヤッカミでは無いですが・・お相手の方が とっても嬉しそうでした。



COMMENT: (0)


出来る事を、出来る形で、無理をせず添う。自己満足の先行は要注意ですよ。

朝から 主婦業大活躍です。
自分の世界に入るため・・・大物の選択まで=早すぎ。夏が終わってからすべき洗濯です。
でも今朝は・・・燃えてるんです。
あっ 北の空に・・・暗雲が。
2階・3階 ベランダに駆け上がり・・・実際はヨイショ!・ヨイショ‼で 軒下入れです。
アッ 意外に乾いてるんです。 ならば棹の順番を変えなければ。
出来ました。 乾燥機に入れたら・・・乾燥機感想=あまり好きでない。お日様パワーが好きです。
まぁ~お天気が・・・快晴に。嬉しいような・・・複雑な気持ちですが、 時間さえあれば主婦業完璧です。

午後のお散歩は・・・マーケット行き。
あれぇ~~~ ≪あなたぁ~ このお鯛さん見て。天然ものだし、イイ面構えだし・・・安いわ。≫
毎年 やすらい祭りの時の必需品です。
毎年 眼の下00㎝、ひれが立派、丸々肥えているお鯛さん。
なな なんと 考えられない価格。来年からはこのマーケットに探しに来るべきだわ。
主婦業~~~楽し過ぎます。
旦那さまは やっぱりマーケットは・・・《一人が気楽やわ。なんせ大きな声で・・・独り言 よう上手に喋れるなぁ~。》

帰り 車窓から見かけた 京都マラソンポスター。写真撮りたい事を話すと
ウッシシ 辺りを見回し 誰も居ない事を確認の上 撮影会でした。 


COMMENT: (0)


相反する判断、刻似の事で選択する時の判断。まずは・・・己の心と向き合い、後悔のない選択をしたいです。

朝から・・・意地でもする。出来ます!事が有り過ぎ・・・盛り沢山の一日スタートでした。

午後から・・・ 『今日は途中・・・勝手昼寝ナシですね。』 が・・・訪問療法士の 失礼な オッホホ 感想でした。
転んだ後遺症で・・・腰・肩甲骨周辺の痛さ、辛さが続きます。
物事=「真面目さ」と「真剣さ」。 二者選択となると さてさてどちらが優位かなぁ~?
我が身の 痛さは、「真剣さ」に繋がります。昼寝なんかして居られませんわ。

治療が終わり、続いて ネイリスト。 
『00さん イイですよ居眠り。でも・・・手はマットの上が有りがたいです。』 
まぁ~気が付いたら・・・コックリ コックリ。 エスカレート して フフフ 自分の体制=椅子から落ちそう で起きるんです。
まともに答えたのは、色とデザインだけ。~~~シッカリ覚えていない‼
デザインは ティアラが00、色付けは00。 
「真面目さ」と「真剣さ」。 二者選択となると=見栄優先ゆえで・・・「(不)真面目さ」優位でした。

昨日の 真剣お悩み事が・・・トコトン 寝れるまで 渡り廊下筋トレの繰り返し。
疲れ果てて、ダウンは・・・深々深夜。・・・故に今日の珍事=続投ですの。

≪あなたぁ~お散歩行きたいです。 畑の高砂ユリ・・・確認したいわ。 
  先輩からもご近所の 高砂ユリの写真頂いたわ。・・・つぼみが七つよ。スゴイ!≫
《毎日毎日 知人とはいえ・・・人の畑に 行くな!!》
≪んまぁ~ 外から見てるだけよ。イケナイ!!??。 フン 
    花の命は短くて 苦しき事のみ多かりき。 正しく ワ タ ク シ そのものだわ。シュン・シュン ウワァ~ン。≫
《解りました。行けばいいんでしょう。 但し・・・花に話しかけたり、喜ぶのは ヤメトケ!》 でした。

≪貴方! シッカリ見て‼  今日を逃したら、この光景は見れなかったのよ!!!≫
なんと 垣根近くの・・・お気に入り百合。 花は6個ーツボミも6個。 一言=麗姿・雄姿・・・ワタクシの言。
大満足のお散歩です。 
知人も水やりに出て来られ、素晴らしい高砂ユリ連の事で お話が弾み膨らみます。 私は利き手。
すると 逐一 返答求められ???。寡黙に徹していると こわぁ~い目が、”応えろ!!”凝視です。

散歩の再会途中に言いました。≪あなたぁ~ みんなで同じ喜びで 笑えて良かったですね。・・・キッ。≫

藤袴が咲いていました。 ほんのり優しい芳香に 今年はきもの姿の写真==無いなぁ~。
朝 友人に・・・昨日から初めた きものショーの準備の事を伝え、次年度のカレンダーの話に。
今年は 仲間の皆さんとのきもの姿写真のなさに・・・淋しいなぁ~。 話していました。
あっ パソコバ先生が・・・ ご趣味のマラソンの トレーニングで走って来られました。
久しぶりのお出会いです。
もうすぐ カレンダーの作成準備が有ります。 その節は宜しくご指導、お願いします。
来春 2月の「京都マラソン」の話が出て、出場祈願達成の タッチでお別れでした。

偶然は=必然!と捉えました。

昨夜の フフフ 深々 深夜寝の寝不足は 今日の超けっさく居眠りでは・・・解消出来なかったようです。
ただ・・・今日は帰宅後 入浴、夕食、~~~。恙なく熟し==ふて寝。 フフフ・・・が早寝で快調。
ただ 基本的な生活サイクルに~~~不調。
でも 一人で~~~静かな中で パソコン遊びは 心の反省と平穏取り戻しに必要です。



COMMENT: (0)


何事でも・・・いずれ困る時が来ます。幼児性を捨てなければいけない時も 必ず来ますよ。

灼熱の夏日~~~でも とってもご機嫌です。
長袖の上着を着て・・・二の腕カバー。
首には タオルマフラー・・・首すじカバー。
帽子 深かぶり・・・Tゾーンカバー。
サングラス・・・眩しい!!額のしわ防止。
準備周到===さぁ~出発。 あ あぁ~~~手の甲が。 まぁ~素敵過ぎる ”軍手”。ワッハハ。
旦那様が置いてた・・・新しい軍手。 一人で大笑いです。
だって・・・優れものです。 一本の手で・・・五本指の手袋を履く。 凄い事です。
ゴッツイ 形相で口と身体で、五本指に手袋を履かせる。  フフフ 勿論出来ました。=履かせました。
右手は・・・グゥーをしてはめました。 軍手にミトン形・・・無いかしら?

さぁ~出発です。  あれぇ~美味しそうな 葡萄が二房。
シッカリ 軍手handで~~~純綿手袋、手の平には・・・オレンジ色の滑り止め付きです。
そうそう・・・靴下も 滑り止め付き。
 パンダの赤ちゃんに履かせてあげたら~~~上手にハイハイできるかも・・・思考回路が幼稚です。
昼からは・・・「きものを着れる喜び講座」。
年末のきものショーを念頭に、今年も大好評の・・・テーマに、エッセンスを足して と考えています。
===後ろ姿に・・・品格を。 大好きバージョンお稽古。
期待も膨らみ 叱咤激励が キツイ・きつい。 暴言もなんのその。解り合った仲の・・・内心は=般若の顔です。
とても 結構な事です。
リハビリ療法所。徒歩40分。友人と話しながら・・・来週の 淡路島行きの話に。
思わず、歩行も 事前練習です。  だんな様がお迎えです。
《〇〇ちゃん 栗の実がたくさん実ってたぞ。 ・・・そろそろ 採りに行く日 決めんと。》
≪栗の実 療法所に 行くとき写真撮ったの。 それにしても 今まで山の収穫物の事 言ったことないのに・・・≫
・・・私の里の山の産物 全く興味ナシ の旦那様。一体どうされたのでしょう???・・・

ポツリ・ぽつり・ポツ・ポツ・ザザァ~。 突然の来襲。 ビショビショです。 
屋根のある ガレージで避難。 
≪貴方 あまり突拍子な事・・・仰らないで!! 天の神様が 冷や汗かいてはるわ。
  他人に頼んで管理して頂いてる山の収穫物。勝手に触れないですよ。 ビックリします。≫
諭しが聞こえたようです。 10分ほどで雨も上がりました。
家の近所は 雨降りの跡形もない。
なるほど、ナルホト  あの集中豪雨は 神様の戒めだったのでしょう。 ウッシシ。 


COMMENT: (0)


最後までやり切る。目標を達成する為の 謙虚な姿勢と、その事に・・・熟練させる。

一つの活動を・・・定着・安定化を図るのは、難しい事ですね。
今日・・・つくづく思い知らされました。
以前・・・「個性学」 を受講、人の個性=性格から、物事の安定化・活性化について学びました。
とっても納得の~~~安定した役割関係。
大物志向・城志向・人志向。  三志向のTPOに合わせた 向き合い方。

今日は久しぶりに 女性会 筋肉トレーニング 参加しました。
あれぇ~~~  講師=2名、ボランティア参加者=2名、受講生=2名。
大物志向 役・・・? 城志向役・・・4名 人志向役・・・2名。
一瞬 フフフ 凍り付きました。
会場 開閉役ー講師。 何故? 段取り引率役ー講師。 何故なの??

最近 周りの人々の 心が伴わない行為。 
悲しいでしょう? 
もし自分がお手伝いさせて頂いたことが、身も蓋もない扱い方をされてたら・・・
悲しいでしょう! 悔しいでしょう!! 情けないでしょう。
お辞めなさい。 人様の温かい気持ちを・・・逆なでするような事は。 辞めましょうね。
もう一つ。 しっかり発言しましょう。気持ちを込めて発言行動を取りましょう。

助走・・・事前 身体ほぐし 。 
女性会 筋肉トレーニングの時の様子ですが、熱気が心地よく、笑い声が~~~
難しいですね。 三志向のバランスの安定。  因みに私の好き志向=城志向=参謀。

今日はず~~~っと 独り移動です。
悲ピィ。リックサック背負い、深々と帽子をかぶり、トンボ形サングラス。
あれぇ~~~雨。 ”夏雨だぁ~ 濡れて参いろう。” 傘をさして歩けない・・・出来ません。携帯していません。しっとりと濡れて 帰宅。
家の前で ムッ。
私の大事な植木鉢の・・・ 高砂ユリ自転車に。 
今夜から不在の時は=玄関内に入れます。 


COMMENT: (0)


2017年08月21日

血の筋は 七代

一家は七代の間、その父祖に、性格、要望が似る。 心底の [気に関する事] は極似です。

phoenix・・・(開き直りの 自称です。)  結構~以前の状態に戻っています。
それでも 姉妹はありがたいです。
日々の生活状態を案じ、また家族=旦那様にご不便をおかけしては・・・と「半調理品が送られてきました。」
フッと思いました。 
~~~父の偉大さ・・・妹の名付けの事です。 
「富貴」~~~なるほど の名の通りの妹です。

すぐにお礼の電話を入れると、
『何でもない事です。 最後の味付けだけは お兄さんのお好みにして下さい。お願いします。』
  ≪ありがとうございます。助かりました。 もう大丈夫よ。 京都の夏のお菓子 送りますね。≫
『結構です‼。一人で行けないでしょう。余計な事は考えない‼‼。それよりも十分気を付け、お口チャックでね。』

五分程して・・・呼び出し音です。
『さっきの電話・・・ごめんなさい。落ち込んでるでしょう? 気持ち解り過ぎます。 今夜の買い物行った? 
   ・・・そう。 未だだったら、何かお願いします。00さんの手前 私も助かります。』
同じ環境で育った妹です。 ありがたい気遣い 嬉しかったです。

≪あなた 今日のお散歩 お買い物に・・・マーケット往復して欲しいの。≫
妹との話で、妹の旦那様が凝っている・・・盆栽にしました。 それも 妹の名前の付いた物。
「万年竹 富貴」。  お気に召すかどうかは・・・解りませんが~~~ ホッとしました。

最近 小さな親切 大きなお世話。===お節介。いらないお世話。ありがた迷惑 大きなご迷惑。
色々 表し方も違ってきていますが、心底・根底は 理解しあった気遣いです。

嬉しく有意義な・・・日でした。


COMMENT: (0)


人を引き付ける・・・偉人ほとんどの皆さんは、『謙虚』 な方が多く、鷹揚な生き方をされてます

” 花を愛でる ” とても楽しい生活ですね。
近くの石垣に生えていた・・・ どICON33ICON50根性  高砂ユリです。
『昨日のblog 読みましたよ。あの何本も生えてる百合は・・・高砂ゆりでしょうね。葉が見たいです。』
とっても嬉しいメールでした。 
やったぁ~ 今日のお散歩 明確な目的が出来た。 るんるん・らんらん。

途端に 早起き、朝の主婦仕事、気が付けば ベランダの片付け。素手でごみ拾い。
浄水タンクに入れる [炭] の天日干し。
数か月のカバー業務のナイロン風呂敷。
風雪(心身ともに疲れ果てて・・・)に耐え抜き、ボロボロ ヒラヒラです。
大きな切れ端は、中腰で集めたり、雑巾を濡らしてひっつっけ収集。
塵取り、ほうき・・・現在は フフフ 放棄状態です。シュン。右手足麻痺。出来ないよぉ~~。
全身 汗が噴き出て~~~これで いくらか痩せたらいいなぁ~。なぁ~んて。

シャワーを浴びて フフフ お昼寝です。
午後の主婦仕事も終わり、いよいよ~~~待ちに待った お散歩です。   
その前に ベランダの し残しお掃除を、旦那様に頼み終了。

アレェ~~~ 昨日独り散歩で出会った 敷石隙間の 楚々と咲く ユリ。 いないのです。 ガッカリです。
すぐ近くで お友達が咲いていました。   葉も同じだと思います。
独り言です。”花0000は罪には成らない。” 先人はそんな不埒な事は 言わないわねぇ~。” 
話していると・・・トントン 
『奥さんの言う通りです。実は 私も高砂ユリ 育てていて、2-3年したら種が付くので・・・楽しみです。』

『奥さん 奥さん さっきは失礼しました。 これがうちの  高砂ゆりです。』
今夏は 10本ほどに増えて咲いたそうです。
ザクロも実っています。桔梗も白・紫 咲いていました。
 『花はそれぞれが 色んな思いで 育てています。家族です。先程は 嬉しくて思わず声を掛けました。』
素敵な 人・花・心 のお出会いでした。
              


COMMENT: (0)


相手を理解してからの理解。相乗効果を発揮できる関係性の先に在る=「相互依存関係」理想です。

凄い逞しさです。・・・我ながら ウッフフ 惚れ惚れしています。
朝から リハビリ物療。 
成り行き上・・・何としても 自力で完璧にやり遂げないと・・・女前が建ICON33・・・face09icon09 たない。
アレェ~~~ 私って 愛娘が赴任先に行った寂しさから・・・気まま怒りが日々増大化しているようです。

今日は予定がある。行きたい所には・・・《 タクシーで移動せよ!》 横暴な発言。
・・・≪ん まぁ~モッタイナイ。 自力で歩きます=日焼けする。  市バスだ。≫
乗り場が解らない。 先日友人に教えてもらったので・・・EVで地下3Fまで降りて、移動 エスカレーターで地下2F。
なんとか到着・・・アレェ~~~ バス一時間に 1~2本。 ナント信じられない現実。
ご提言通り 1Fに行き・・・タクシーで移動。
~~~目的地に着くまで、何時間かかる??? でしたが
立派に 自力で目的地に到着。 ルンルン。

帰り 散歩しながら ユリに会いに友人の畑です。
まぁ~なんと神々しい。   
高貴と言うよりも 嘘偽りが全くなく、毅然として凛々しく・・・優し過ぎる。めしべに仰々しい花粉は見えない。
小悪魔的な 小生意気の可愛さが・・・小気味よく イイですねぇ~。
病んだ心に 御光が差し込むような光景です。  敷石の隙間から・・・”ごめんあそばせ”とばかりに
・・・・・凛と咲く。 素晴らしい。
畑から、その辺りに・・ 百合の種が飛んで咲くそうです。
なぜか ウキウキ気分です。 
独り===独りぼっち では無くて ふふふ なぁんて気楽で、シッカリさせて頂いてる。 イイ事、素敵な事です。


COMMENT: (0)


見栄=自分は、必要な人間と思われたい願望の現われです。自信を持って自分を信じましょう。

テレビで・・・オクラの花をお料理されている 古民家にご主人と移住された女性。
地域活性化を、定年後の二人のライフワークとして選ばれたそうです。
野菜の花の・・・美しさは私も大好き=花を愛でる。です。
フッと オクラの花を見たくなりました。

公園近くの 趣味の畑・・・以前見た事が有ります。 オクラが自然農園に・・・一列植えてられるんです。
ふふふ 暑い中で元気に 実りを迎える日近しを感じます。
オクラの美し過ぎる花は~~~咲いていました。
オクラも・・・小さいのが フフフ たくさん出来ています。 とっても綺麗で・・・美味しそうです。
『うちは百姓じゃないので、これから収穫期になります。』 
オクラは、お花も綺麗で、収穫時も 解りやすいそうです。水の与え方が大きなポイントだそうです。

酷暑で周りの植物はクタァ~となっていましたが、そんな中でのオクラの花には
花びらの薄い繊細さではなく、ネバネバ成分の力強さ・・・それも女性特有の 強さ
=しつこい気強さを感じ、楽しかったです。おっほほ。
そうなんです。私 気分の転換、あきらめ、水に流す===一切出来ない! したくない!!

今日も・・・まだまだ 愛娘に張った 見栄を張る生活の疲れが、肩から抜けません。
 


COMMENT: (0)


苦労はたいてい、人間をケチに、意地悪くします。高貴な心は、いつも心底に潜ませ、根付かせ。

今日も植木鉢のお花に・・・水を掛けながら・・・話しています。
早く お顔を見せてね。
あなたと 可愛いお顔でご挨拶出来ますように。

まだ小さな蕾いですが、シッカリと根付いています。
フフフ 先日 先輩から頂戴した・・・高砂ゆりです。  つぼみが付いています。

高砂百合の花言葉検索しました。 ・・・威厳・純潔・無垢 ・・・素晴らしくお気に入りの花言葉です。
別名:台湾百合。 原産:台湾~~~なんてご縁の深い百合でしょう。
台湾の山地に広く自生し、日本には、大正時代に入ってきました。
夕方 どうしても咲き頃の確認をしたい・・・百合があります。
友人の畑・・・薄紫の菊の花の中で スッと咲く 百合の花。
一本の茎に驚くばかりの数のつぼみを付けてるんです。 
・・・重さに耐え、支えるか細い茎が可哀想!です。
祈る思いで・・・  ・・・見事に咲いていました。
茎は・・・しんどそうではありません。 出来るから 花を付けてます。聞こえてきました。
純白。無垢。 あまりにも美し過ぎます。  
フッと wedding-veil ~~~毅然と在って 自然に添って、賞賛の声が聞こえる。 フフフ マチドオシイ 母です。
昨日の 和尚様のご法話を思い出しました。
ついつい いつもの拙し質問が出てしまったのです。「五山の送り火」の・・・「字」決めについて。
「五山の送り火」 山々にクッキリ浮かび上がる 六文字。「大」「妙」「法」「舟(⛵)」「左 大」「鳥居(印)」。
昔は京の街を取り囲む山々に 描かれたそうです。「蛇」「一」等々。
次代を経て・・・現在の 「五山の送り火」になったそうです。 支える人々の強い想いと心が 伝統を確立。
「五山の送り火」・・・想い=願いが籠っている。
幸せ=一過性。  辛苦=ズゥ~ット心に 居座る。
小さな幸せを一つづつ束ねて、大きな幸せに育て 心に占める。  
心に刻みました。が、若輩者です。 他人さまには話します。我には高ぁ~~~い 壁です。


 


COMMENT: (0)


自分の姿が・・・自分その物です。鏡を相棒に・・・本当の自分思い出しましょう

困った・・・私です。
愛娘が赴任先に 昨日出国。
何も出来ません。
今日はお精霊さん送り、白蒸しのぼた餅===お昼のお弁当==を持って 天空に行きます。
朝 早く起きて、朝ごはんの準備===気力が無い。

地蔵盆です。準備は旦那様が参加。・・・・・私はだらだら。
そんな中で 救い主・・・ 〈高砂ユリの苗を差し上げます。〉 連絡を頂き・・・少しシャッキです。
ただ「きものを着れる喜び」講座。 途中でコックリ・・・なんです。
気持ちも弛みっぱなし。  講座終了後 先輩と会い、高砂ユリ・・・の苗を頂戴する。
気分に 張りが出て、前向きになってきた!! 実感が沸きます。

帰り道で 五山の一つ 左大文の準備をしてられる光景を見て・・・大感激でした。
20時点火を目標に・・・友人宅マンションに。
間に合いました。 

7階建てのマンション。8階部分が屋上です。 登りました。疲れもピークです。
気が付けば 手を組み夜空を見ている私に・・・お疲れのようです。

恨みから始まった 慈悲の心。とても面白い法話に・・・心も晴れました。


COMMENT: (0)


prevnext


PAGE TOP