京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



出来る時に 出来る形で 一緒に出来る友人との関わり合い・・・笑顔の種作りです。

「花を愛でる」きもの好きの仲間の皆さんと・・・お出かけ。
毎月 機関紙でご案内しています。 ところが 長月のお誘いは・・・日にちが決まっていませんでした。
お誘いの内容は ”美山 茅葺の里に咲く 蕎麦の花景色” お知らせ掲載しました。
なんせ お花は自然の宝物です。 花を愛でに行って・・・???では淋しいですね。
美山の方に連絡 お伺いをし、蕎麦の花が 畑一杯に咲く・・・群花が、今週末という事で ハガキを作成。
午前中 リハビリ散歩を兼ねて~~~北郵便局に持参 投函しました。
美山 かやぶきの郷 皆さんとご一緒に歩けるだろうか。 同行に方にご迷惑が・・・不安も募ります。
お散歩にも 力 が入ります。 足を挙げて!前を見て!!ひたすら歩け!!
ぶつぶつ言いながら 結構大丈夫そうです。
『クイズですか? 参加者募集ですか??・・・』 振り向くと知人でした。
≪ええ。美山に 蕎麦の花畑を楽しみに行きましょう!のご案内ハガキです。≫
『和服ですか?昼食は 枕川楼ですか? 鮎・松茸 イイですね。 女将さんもきもの美人ですよ。』
そうなんです。昼食は 枕川楼です。そんなに素敵なお出かけ ウッシシです。
散策がメインですので・・・今回は残念だけど、きものは控えます。
『輪奈織の帯って解る?よかったら、さっき見学者が在って説明してたんや。お茶でもどうぞ。』
≪いやぁ~見たいです。ビロードみたいに仕上げたりする 帯でしょう。熟練の技ですね。≫
≪あれぇ~針金を織り込み 最後に抜く技法でしょう。 ひも状ですね。≫
『説明には 紐を使って・・・紐抜きの体験もしてもらったりするから・・・代金的な事も考え 代用でしてるんや。』

緻密な作業ですね。 帯の格も上がり 素晴らしいですね。
脈々と受け継がれている [技] 。 
京都の街のきもの姿 益々しっくり映える季節の到来です。


COMMENT: (0)


苦しい時でも、とにかく笑っていろ。心に余裕があると・・・引き戻しは十分でき訂正も出来ます。

出稼ぎ・・・フフフ お出かけの翌日は~~~主婦は大忙しです。
昨日 帰路途中に訪ねた 御年92歳 一人暮らしの小母を訪ねたので、お世話になったお礼の電話を~~~
台風の風で乾かそうと早朝6時から 大忙しです。
荷物の片付け等 てんやわんやの楽しい時です。 

必ず言われる・・・旦那様の優しくない超嫌味。
言われたくナイ! 聞きたくナイ!! 意地でも 女の気合で・・・片付けてしまう。
① 何であの場所に そんな恰好するんや? 
② 指輪、帯飾り 何でそこまで付けるや? ~~~

回を重ねる毎 先輩諸姉が、お手持ちの・・・箪笥の中で 出番待ちの着物をお召しになるんです。
そして、その当時の話を・・・古くからの友人たちとお喋りし、元気回復! 私は先人からのメッセージ=ゲット。
この時期は楽しいんです。 紗袷・三重紗・単衣~~~多様で 若い方たちからも、楽しんで頂け 相互の喜びです。

☎が鳴りました。急がなくっちゃぁ~ と思ったら、お目覚めの旦那様が対応。
良かった。 しめしめ 恙なく片付け終了の☎でした。
☎のお相手は あ~ぁ こちらからお掛けするのが本来の 小母からでした。
☎を変わってもらい、お礼を申し上げると・・・
『私の話をよく聞きなさい。 障害のある身体 悔しいだろう 悲しいだろう。でも・・・キツイ言葉は慎みなさい。』
≪小母さまにはわかって頂けないと思いますが、控えるように努力します。≫
『誰かに愚痴を言う、誰かの性にする、声を高げて威嚇をする・・・気持ちは解りますよ。控えなさい。~~~』
≪はい。解りました。頑張って大人しくしています。≫
『あんたに どうしても言っておきたい事が有ります。彼岸花は食べたらイカンよ。
 彼岸花には 毒があるよ。気を付けなさい。』
実は私 大失態でした。 ≪小母様 私 アスパラガス大好きです。横にあるアスパラガス 頂いてもイイですか?≫
旦那様に・・・30本以上 頂いてきてください と頼みました。
『あんた 何言っとるの。あれはアスパラガスではなく、彼岸花ですよ。シッカリしなさい。』
山の斜面だったので~~~私には アスパラガスで、お夕食のサラダに・・・持って帰ろうとしての言動でした。
 よく見ると・・・少し違っていました。 トホホ。

旦那様から お散歩のお誘いです。 《台風の来ない間に散歩に行こう!》
私 休息日なので・・・フフフ お顔も休息日。スッピン顔です。
言い付けには従う!我が家の日常です。

道中 出会いました。赤い彼岸花のつぼみー茎。 白い彼岸花の茎
遠目には アスパラガスに見えますよね。 うっふふ。 


COMMENT: (0)




PAGE TOP