京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



花を見れば、その木にどんな実がなるかすぐに解る。=その人の成すところを見れば、結果の良し悪しが解る

散歩道で豪華な玄関gardeningに感激しました。
菜の花月の月末に、宝塚 花屋敷 「正司邸で薔薇園鑑賞と音楽の集い」皆さんと楽しむんです。
とても楽しみです。 この季 薔薇の花は咲き頃ですね。
・・・リハビリ散歩道で出会った素晴らしい玄関gardening。
白の薔薇の左横には~~~素晴らしい黄色の薔薇の蕾が膨らんでいました。
これらの薔薇鉢のメンテナンスも、開花を終えた芸術家に話し、愛おしみながら楽しんで居られるのでしょうね。
玄関gardening・・・私の感想は 『宮殿の花園』。 ご近所なので~~~大きな声でご挨拶してノコノコ。
≪こんにちわぁ~ 薔薇のお花の写真撮らせて下さいね。とても素敵ですぅ~。≫   
 白 ・ ピンク濃淡 ・ 橙・ 赤 ==黄色 感激です。
歩を進めて・・・友人にバッタリ。 愛娘の同級生のお母様です。
『宮殿の花園』の話をすると、
「綺麗だったでしょう。 この辺の家の前の花作りは、・・・40年ほど前から、私が始めましたのよ。
  気が付いたら徐々に植木鉢が並び、皆で花を待ちわび 楽しんでます。」
≪まぁ~それは素晴らしいですね。お花はあらゆる場面で 癒しですね。素晴らしいご趣味ですね。≫
彼女の素晴らしい呼びかけが~~~大輪の花を咲かせています。

訪問先の玄関に飾られていた・・・ブラシ草。 ???私の知っているブラシ草は朱赤。
「はい。この花はブラシ草です。」 ブラシ草にもいろんな色が有るんでしょうね。
帰り道 毎年楽しむブラシ草を見に行く道を選び~~~驚きました。
正しくこのブラシ草です。  でも、このブラシ草は、やがて朱赤のドレス着ていたと思います。
ここ数週間の楽しみ散歩道です。 横の蕾は???何かしら赤いように思います・・・

赴任先に戻るや否や・・・翌日海外出張の愛娘。自分の現状立場を考慮して下さい。祈る事しか出来ません。


COMMENT: (0)


2018年05月08日

人生七十古来稀なり

70歳を迎える・・・縁起事。これからも長生きをして下さい。紫色に敬意と願いを込めてお祝い申し上げます。

爽やかなお出会いでした。
仲間の~~~『古稀の祝』。  会場は大和の国 「塔の茶屋」
参加者 七名。壮健で参集・・・笑い声で包まれ喜び倍増でした。
会食は・・・「塔の茶屋」
昔から 「大和の茶粥、京の白粥、河内のどろ喰い」 と言われ、お粥の固さや食べ方も土地柄があるそうです。
大和の茶粥は、粘りが無く サラッとして、 とても食しやすい”お粥さん” でした。
茶粥膳 趣のある器に盛られた種々の色取り・・・わくわくドキドキ、運ぶ箸に ウッフフ 楽しみ膨らみます。
わらび餅とお薄で箸を置きますが、絶妙な腰のわらび餅・・・う~~~ん最高!!
茶粥にも添えられていた・・・お抹茶粉=粋ですね。
お茶の主役、茶碗も ”待ち人選ぶ” のようで、フフフ 女性特有性格で、 私・・・秘かに楽しみました。
皆さんとの約束です。 実は同年齢の仲良しです。  フフフ私は霜月の妹です。
≪霜月は私の 古稀 祝ってくださいね!!≫ 腕組む力も 超協力に・・・約束しました。 
ご準備された今日の内祝い紅白饅頭・・・ステキなお気遣いです。感激でした。私、事前勉強が出来良かったです。
節目のお祝はしましょうね。集まりましょう!!。語りましょう。笑いましょう。

鎌倉の先輩から伝えられました。 
”人生のパートナーは中の良い友人です。平常心で共に歩んでいます。”


COMMENT: (0)




PAGE TOP