京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



姑が丹精込めてつけていた梅干し、香の物~~~私、もっとシッカリ真摯な気持ちが 必要でした
不安が募ります。
多くの思い出と、真っ新な感激と、深い結びつきが刻まれた・・・如月のお誘い
のどかな紀州路のバスツアーでした。
早速 今日気持ちだけの物ですが、喜んで頂きたいと~~~私好みのお味 梅干しお届けしました。
私好みは・・・塩分5% 「スイートはちみつ」「黒みつ」「あっさり」です。
ご近所の一人暮らしのおじいさんにお届けした~~~特別訳アリ梅干しは・・・大変喜ばれました。
我が家でも・・・特別訳あり南高梅梅は、ふふふ~~~お夕食のメインディッシュで慎ましやかに楽しんでします。
《よくもまぁ~ こんな重い物 何段も重ね持って帰って来たなぁ~。
  特別に安い物が買えたから~~~嬉しかったのは解るけど、限度がります。いい加減にしないとね。》
実は・・・私、70歳になって、本当にびっくりしました。”梅干しって、なぁ~んて高価な物か”。
日本一の梅の里・・・そこでお買い得 訳あり品が face08 ICON48 持てるだけ買いたい欲望 むら むら むらぁ~。
参加者皆さん、早朝出の寝不足一行なのに、往路も、復路も 一目百万 香り十里 の梅の花に負けないくらい
話題 尽きることなくお喋りの大輪が咲いていました。
そこで、凄いんです=先輩の編集力。車内で写真コラージュ送信。また感想会。
私 お願いしました。 
≪以前にも、お願いしましたが、〇〇先生を講師に、スマートフォン講習会 お願いします。≫
〇〇先生=先輩 から、『あの時は、娘さんの事で開講できませんでしたね。また、開講考えましょう!!』
楽しみです。  何となく 時代乗り遅れの不安が少し和らぎました。
クエ料理と 道成寺 南部梅林と梅ソフト
梅林 黒潮市場今日先輩から頂いた写真コラージュ
あ あぁ~ 早く私も 時代の波に乗りたいです。 
ふふふ 先輩からのメール 「バス車内 お口の潤滑油~~~」ですって。 嬉しく楽しい思い出日記です。
 


COMMENT: (0)


老若男女 育て合いましょう!! ご自分の為にも ”誉めてこそ” 心落ち着く生活が有りますね
昨日の「百万の南部梅林と、旬の「クエ」を楽しむ」 ”花を愛でる会” 如月のお誘い。
夕べ、旦那様が夕食も・・・勿論 お疲れ様ビールも楽しまないで、愛妻の帰宅連絡を待ち焦がれていた。?のです。
朝、頼みました。≪あなた!00駅まで帰って来ますから、家までは~~~リハビリ散歩して下さい。≫
それが、多々変更があり、JR〇〇駅まで頼んだのです。
JR〇〇駅で、フフフ ハニーの顔を見たら、涙が。 どうしてって? 愛しいporterさんだから。
右手の「南高梅干し包み」麻痺している手には・・・可愛そう! でも、どうしても購入したかったのです。
毎日、余病 未病・・・防止対策が必要な・・・昨今だから。
ただ、超遅寝、超早起き過ぎた~~~生活でのお出かけは駄目!!
昨夜、お迎え車内から・・・ウトウト、ウトウト。
~~~~主婦仕事をして、 爆睡!!
夜中から・・・ふふふ ウッシシ 楽し過ぎたお出かけを思い出し、いい記念日になりました。

案じた天候も~~~先輩曰く=私たちの願いは・・・フフフ 雨雲も吹き飛ばし。素晴らしい早春の紀州路でした。
電車の進行方向=間違えた。 身体的準備=遅かりし。集合場所=シッカリ確認 出来てない。
集合場所~~~勝手に急ぎました。 到着場所で・・・私の心身は⁅ばら色の笑顔を創りました。⁆
耳元で優しい響きです。<とってもイイな色合いですね。素敵です。> 感謝のお声掛けです。
プランの変更から・・・まずは ➀ 旬を迎える高級魚「クエ」尽くしの昼食。
 ➁ 自由参拝 道成寺。     健脚の私、これくらいICON63
    ・・・さっき、昼食場所に行くとき・・・階上、手すり不備、靴脱ぎ出来ない!!団体さん多し。でも そんな事ICON63
 ③  大根抜き 体験。 ・・・添乗員さんに依頼。ICON63 ➃ 紀州梅干館 先取りICON63
⑤ 南部梅林  万葉の唱に私の心ICON63 梅林入場は無理!
待ち人もICON50。帰って来られた皆さんと、入場券を持って・・・記念撮影ICON63 
➅  黒潮市場 鮪さばき実演   
  ≪貴方、お幾つでラッシャルの? その出刃包丁・・・凄いですね。≫<僕は十九歳です。これは 牛刀です。> 
  ≪あなた とっても素敵よ。食べ物を扱ってられるから・・・基本ね!≫ 何でもない服装でも~~~清潔感ICON63

南高梅は?、梅林の廻りのネットは?、依頼事は?、受諾事は?。
 全て確たる経験に基づく 理解と愛。 柔軟な頭中は 人を分厚い人に成長させますね。
もう一つ ~~~ ” 老若男女問わず、誉めてこそ育つ、心の豊かさ ”です。 


COMMENT: (0)




PAGE TOP