京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



2017年02月10日

願うところの 幸

願うところに 幸運が微笑みます

今日は 「きもの勉強会」開講日でした。
先週は 「オバケ」でお休みしました。

・・・今回の「オバケ」開催に関し、色々振り返りました。
そもそも ➀ 何故「オバケ」催事を楽しむようになったのか。
      ② 参加者は どのような思いを込めて、参加されたのだろう。
      ③ 参加後の気持ちを含む・・・感想如何。
「京都の街にきもの姿を増やす会」毎月の催事は、毎月開催の運営委員会で検討 遂行。
自分が 出来る時に 出来る形で 出来る人=好きな人 が参加し、賑々しく毎回大笑いのお楽しみ会。

 「アッと驚く・・・オバケ」好きな人が、集まりました。
お母様・お婆様が残して下さった・・・銘仙、ウールの着物や、目も眩むような 明治時代の長襦袢。
大河ドラマで 西郷隆盛が放映された時の 西郷どんは ぬいぐるみ子犬を連れて登場。
サンタクロースはペットのミニダックスに 角の付いたカチューシャをかぶせ キャッキャと笑い声。
・・・フフフ お金持ちさんは 芸者さんに変身。 私たちは 自分で鬘 カツラを作り大騒ぎ。でした。

箪笥の中の出番待ちのきものの中には、まだまだ現役で楽しめる和服が一杯。
肩に羽織った時 母や祖母の暖かさが・・・そっと手を添えてくれ 幸せ感でいっぱいです。

「オバケ」の事 思い出すと 尽きる事が有りません。

今日は 『花を愛でる』 ナナ なんと睦月号願うところの 幸発送の準備完了しました。
もう 如月 なのに 機関紙要請が無いのが・・・ちと 悲しいです。
そう 仲間の思いやりでしょう。 明日 投函します。
次は「オバケ」の様子お知らせ版を作成します。

落ち込んでいないで・・・出来る事が在るのは幸せ!! です。



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP