京つう

  ファッション・着物  |  北区

新規登録ログインヘルプ



礼儀作法を身に付け、その所作を見た人に感動を与える

るんるん 早朝から・・・初出勤=晴れ姿 お着付けです。
慶事・・・ 賀春の仕事始め やはり慶事のお着付けですね。 楽しくて嬉しくて・・・腕が鳴ります。
ゲストハウスでのお着付けに成りましたが、返って良かったです。
6名。space的な事もあり、一・二・三階の 各部屋でお着付けです。 賑々しいったら おっほほ。楽し過ぎます。
時間的に余裕があったので、皆で品評会です。
うっふふ これこそ 私の最も得意とする所です。  ほめてこそ育つ・・・着付け師です。 
ほめてこそ 背筋も伸び、笑顔のきもの美人です。 
6名とも=振袖の方・訪問着の方 皆さんオーラが出て、新春に相応しい ” 仕事始め ” の慶事でした。

お見送りの後、片付けをしながら見たテレビ。
東京の水族館での~~~ 微笑まし過ぎる 魚の餌やり。振袖姿のswimmer。
魚たちも喜んでいるように見えました。
梅昆布茶は、皆さんとっても喜んで嬉しかったです。 
やっと 私も一息いれ、弟子と フフフ シュークリーム & 梅昆布茶で 朝ごはん??です。

久しぶりの・・・リハビリ散歩を楽しみました。
まぁ~ 最近 しめ飾りを玄関に飾り、年初めの・・・恵方神の来神を待つ事が、薄れてますね。
お気に入りの飾り=「門松」に出会い、嬉しかったです。
始まりは松だけだった「門松」。 
今でも松だけを白い和紙で包み、金赤の水引を付けた根が付いたままの松を飾る家が有ります。
京都に嫁いできた時、姑が教えてくれました、
この形 「門松の原型」いまの住居に適した~~~お正月飾り 門松ですね。  
我が家のしめ飾り、ボーイスカウト 技能章講習会で だんな様が作られたしめ飾りです。 
物事 先ずは形から入り、いつか心がついて来る。そして、人の心に届く。 ゆっくりと水の輪の如く!



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP